池田大と結婚のSaori、小説「ふたご」は実話ベースで直木賞候補に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

セカオワのSaoriこと藤崎彩織の
実話をベースにした小説「ふたご」。
なんと直木賞候補に
なったことが明らかに。

Saoriは池田大と結婚をし
現在は妊娠中。
結婚をしてもセカオワハウスにて
暮らしていることで
話題になりましたが…。

今回はSaoriと池田大の結婚と
子供の妊娠についてと
小説「ふたご」について
みてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■Saoriと池田大の結婚

Saoriと池田大は2012年頃から
交際をしており、
交際が発覚したのは
2015年3月に女性自身にて。

その時点で既にセカオワの
メンバーも2人の交際を知っており
2014年末にセカオワが
紅白に出場した際にも
池田大とSaoriは2人で
新年を祝ったという。

そうして池田大とSaoriは
約5年の交際期間を経て
2017年1月12日に結婚を発表。

セカオワメンバーは
基本的にはセカオワハウスで
共同生活を行っていますが
結婚後もスタイルは大きくは変えず、

セカオワハウスと新居を
行き来する形になっているとのことです。

■Saoriの妊娠

そしてSaoriが2017年8月18日に
池田大との子供を妊娠したことを発表。
出産予定は2018年の年明けあるとし、

Saoriは2017年11月28日には
子供のために仕事を控えることを
明らかにしています。

NHK紅白歌合戦にも
セカオワは出場をしますが
産休のためSaoriは出場せず
他のメンバーだけが出場します。
 

【スポンサーリンク】

 


■小説「ふたご」は実話がベース

Saoriは2017年3月から
雑誌「文學界」で
「読書間奏文」というエッセイを連載。

そして2017年10月28日には
構想から5年以上をかけた小説
「ふたご」を発売しています。
ちなみにスペシャルPR動画はこちら。

このふたごという小説は
Saoriがモチーフと思われる主人公と
Fukaseがモチーフの人物を中心に
広がっていく物語。

実際にSaoriも実話が
沢山入っている事を
阿川佐和子との対談で語っています。

Saoriは中学生の頃から日記を書いており
自分の人生にあった
大きな出来事については
「ふたご」の中にいれています。

とはいえ実話とリンクしていない部分も
当然あるとのことですけれど。

また、「ふたご」というタイトルは
書き上げた瞬間に決まったもの。

ふたごは同じ瞬間に生まれ
一緒に同じものを見て育った
自分の片割れのような存在。

恋人でも友達でも家族でもない
2人の物語の総称に
ふさわしいとして決定をしたとの事。

■おわりに

そもそもSaoriが
小説を書くキッカケになったのも
Fukaseから文章を書くことが
上手いからと勧められたから。

そしてその小説「ふたご」では
SaoriとFukaseがモデルと思われる
2人が中心となっていて
実話をベースに書かれた作品。

2014年1月放送の
「情熱大陸」ではセカオワに
密着していますがそこでSaoriは
「私の夢はFukaseの夢を
叶えることだと思うんですよね」
などと語ってもいます。

上記ツイートのように結婚後も
セカオワハウスから
出るつもりはない
としているSaoriですが、

そんな関係を認めている
池田大は大物な気がしてきました。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください