石田英司が週刊文春の記事を一部認め謝罪。ちちんぷいぷいに関係はなしと説明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

MBS石田英司が2017年6月8日発売の
週刊文春での疑惑について一部を認め謝罪をしました。

週刊文春での疑惑とは
「ちちんぷいぷい」でニュースのおっちゃんとして
政治経済を解説している石田英司が
とある追徴課税をされたNPO法人の団体の
会長から接待を受けていたとされるもの。

今回は石田英司の疑惑についてと
どの部分を認め、どの部分を
否定したのかについてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■石田英司について

名前:石田英司(いしだ えいじ)
生年月日:1959年7月8日
出身:大阪府大阪市旭区

石田英司はMBSの報道部出身で
社会部デスクを歴任し、現在は制作局エグゼクティブ。
2017年現在も追手門学院大学の
客員教授も務めている人物。

MBSの「ちちんぷいぷい」では
番組当初から主要レギュラーであり月曜日から金曜日に
ニュースのおっちゃんとして
ニュース解説を担当しています。

■石田英司の週刊文春で報じられた疑惑

ことの発端は障害者の就労支援をしているNPO団体が
2017年3月末に5億円の私的流用を指摘され
2億8000万円を追徴課税された事。

石田英司はこの団体の会長と接待を受けているという疑惑が
週刊文春2017年6月8日発売号に報じられます。

ます2014年7月2日に「ちちんぷいぷい」で
前述のNPO団体が取り上げられ
2015年11月のドキュメンタリー番組
「映像’15」でも取り上げられます。

そして2015年6月には
石田英司は4泊6日のハワイ旅行に
妻帯者であるものの別の女性と共に
接待旅行に行った疑惑が報じられており

この接待がちちんぷいぷいに
影響を与えていたのではないかとの事。

参考:週刊文春2017年6月8日発売号
 

【スポンサーリンク】

 

■石田英司が疑惑を一部認め謝罪

そうして石田英司は
2017年6月8日の「ちちんぷいぷい」で
週刊文春で報じられた疑惑についてコメント。

MBSは接待に関して調査をしたところ
放送への影響は一切なく
いきすぎた接待を受けた事実はないとの見解。

ただし石田英司は不徳の致すところとして
招待旅行に妻以外の女性と同伴したことは認めていました。
また、週刊文春の記事中で女性に関しては
5年の付き合いだとしています。

■おわりに

石田英司が招待旅行に応じたことは認めているものの
便宜を図ったことはないとしていますが

週刊文春の記事中ではハワイで4泊6日をしたが
ハワイ代とクラブ代の費用を足しても
100万はいかないとの回答を石田英司はしています。

100万いかなかったにしても
一庶民からすれば十分高額な旅行なので
便宜を図っていないと言われても
そのまま受け取るのはちょっと厳しい。

なんにせよ疑惑を完全に払拭しなければ
発言の説得力がなくなってしまいますので
今後どう動くかが気になるところ。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA