いしだ壱成が二度目の離婚!離婚原因は元嫁へのわがままだった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

石田純一を父に、緑の党の反原発活動家の
星川まりを母に持つ俳優のいしだ壱成

現在は二度目の離婚をしていたことが明らかに。
離婚原因はいしだ壱成が
元嫁にわがままを
言ってしまったからだとしていますが…。

今回はいしだ壱成と元嫁らとの結婚と離婚、
そして現在の離婚理由について見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■表舞台に出た経緯

いしだ壱成の父親は石田純一。
当時トレンディー俳優として
大活躍をしていた石田純一ですが
1991年10月に当時16歳の隠し子が存在するとして
いしだ壱成の存在が女性週刊誌により
報道されました。

実は石田純一は1970年代に
星川まりと知り合って学生結婚。
今までは結婚を公表していませんでしたが
石田純一も子供の存在を認めます。

そうしていしだ壱成は翌年の1992年に
石田純一の息子、
いしだ壱成として芸能界デビュー。
その中性的な演技から
フェミ男と呼ばれブレイク。

■いしだ壱成の最初の結婚と離婚

いしだ壱成は2003年12月17日に
元タレントの三宅えみと結婚。
2003年12月19日には
第一子の長男を出産しています。

しかし2006年1月30日には離婚し
長男は元嫁の三宅えみが親権を獲得。

離婚理由については
いしだ壱成の自分ルールが
多すぎたためだとしています。

■元嫁、三宅えみとの離婚後

いしだ壱成は元嫁、三宅えみと離婚してから
2001年に薬の所持により
逮捕されて芸能活動停止。

2003年には復帰をし、
2007年3月に女優の川合千春と交際が発覚。
しかし2009年に幼馴染の一般女性と二股が発覚し

事務所も交際は事実と認め、
いしだ壱成に反省を促すために
無期限謹慎処分にし、
5日後には事務所を解雇されます。

■二度目の結婚と離婚

そうしていしだ壱成は
2010年に仕事で向かった青森で
11歳年下の一般女性のちえさんと出会って交際。
4年間の交際を経て2014年7月14日に結婚。

もともとちえさんはいしだ壱成が
1995年に主演したドラマ
「未成年」の大ファンであったようです。

しかしいしだ壱成は2017年8月に
ちえさんとは離婚し、父親の石田純一と同じ
バツ2となっています。
 

【スポンサーリンク】

 

■いしだ壱成の元嫁らとの離婚理由

そんないしだ壱成と元嫁らとの離婚理由は
いしだ壱成によるとわがまま。

2013年11月にはいしだ壱成はテレビ番組で
最初の元嫁との離婚理由について
自分のルールが多すぎたからだとして
以下のように語っています。

朝はキッチンでコップ一杯の
冷たい水を飲む。
その後はコップ一杯の白湯を飲む。
トイレを済ませたらシャワーを浴びる。

シャワーをあびている間に
嫁がバスタオルを用意。

バスタオルの横に今日着て欲しい服を
一式用意する。
サラダを食べる際には
必ず7種のドレッシングを用意する。

このいしだ壱成の自分ルールが
守られていない場合
言葉では何も言わず態度や目線などで
嫁に不満を伝えるという。

服が用意されてない場合は
何も着ずにそのまま、
ドレッシングがない場合は
サラダに一切手を付けないといった具合。

いしだ壱成がそのような自分ルールを
元嫁に守らせていた理由は
家では気を遣いたくないため。

上記のいしだ壱成の離婚理由は
あくまでも一回目の離婚の話。

しかし現在発覚した二回目の離婚も
理由は元嫁へのオーダーが厳しく、
歩み寄っても既に遅く
離婚に至ってしまったとしています。

2017年10月18日23:10追記

二度目の離婚についても元嫁に
いしだ壱成なりの
自分ルールを守らせていたとのこと。

前述の自分ルールに加えて新たに以下のような
ルールを守らせていたことも判明。

帰宅時には45℃の風呂の準備
風呂に入っているあいだに
洋服を洗濯機、カバンを部屋に。

いしだ壱成のカバンの中の
財布から領収書を精算。

これを守らないと激怒。
そのうちに元嫁は無理だと言って別居へ。
いしだ壱成も反省して謝罪をしたものの
元嫁の離婚の意志は固く、
慰謝料はいらないから離婚して欲しいと言われ
離婚をしたとのこと。

また、元嫁の両親にも離婚について
報告をしていないようです。

しかし一度目の離婚のときは
ルールを守らなかった場合
無言の抗議だったはずですが
二度目は激怒するように
なっていたのでしょうか。

追記おわり

■おわりに

いしだ壱成の二回目の離婚理由については
現在のところ具体的には語っていませんが

元嫁のえみさんも一度目の離婚理由は
いしだ壱成の自分ルールだった事を
報道などで聞いてある程度

覚悟していたとは思いますが
それでも離婚に至ってしまったとなると驚き。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA