上野樹里が反論!入浴シーン言及記事に。少し前にはシャワー後画像も

上野樹里が入浴に関する記事に反論。
上野樹里は「監察医朝顔」で
短い入浴シーンにも関わらず
長い時間をかけて撮影したとされました。

しかしそんな上野樹里ですが
入浴に関する記事について
そこまで長くはないと反論。

今回はそんな上野樹里の
入浴に関する記事についてと
その反論についてみてみましょう。


 

 

■上野樹里の入浴記事

上野樹里の入浴記事は
2019年9月23日に
デイリー新潮にて報じられました。

上野樹里は2019年9月16日の
「監察医朝顔」の
第10話で入浴シーンを披露。
入浴シーンは5秒。

しかし入浴シーンは時間もお金もかかり
撮影時間は2時間なら早い方。
費用は最低でも100万円だとしています。

しかしそこまで時間と費用をかけても
入浴シーンにはメリットが有るとの事。

実際に上野樹里の入浴シーンが
話題になったためにデイリー新潮も
上野樹里の入浴について特集をしたわけで、
注目度は高いと見て間違いは有りません。
 

 

■上野樹里が入浴シーン記事に反論

上野樹里は入浴シーンの
記事について上記のように
短時間で撮影が終わったと反論。

ちなみに入浴シーンを
入れた理由については
「監察医朝顔」が帰宅して
一人で考えられる空間が
お風呂であるため。

そのため入浴シーンは
ドラマには必須であったようです。

■おわりに

上野樹里は入浴シーンに
そこまで時間がかかっていないと反論。
また、2019年8月14日には
シャワー後のすっぴん画像も投稿。

今はSNSで反論が出来るのが
確かに上野樹里の言う通り
良い時代になったのかもしれません。
トランプ大統領もそりゃツイッターで
良く投稿するようになるよなぁと。



コメント

タイトルとURLをコピーしました