寛一郎の覚悟。佐藤浩市と母・広田亜矢子の息子も名字外し

佐藤浩市と舞台女優
広田亜矢子の息子である寛一郎
父親も母親も演技を生業にしており、
2世俳優と呼ばれるのも覚悟済み。

今回はそんな寛一郎の覚悟についてと
父親である佐藤浩市、母親である
広田亜矢子についてみてみましょう。


 

 

■寛一郎の覚悟

寛一郎は2017年に俳優デビュー。
2017年9月23日公開の映画
「ナミヤ雑貨店の奇蹟」にて。

寛一郎が父親である佐藤浩市と
同じ俳優の道を選んだのは18歳の時。
佐藤浩市は寛一郎が俳優を
目指す事については「そうか」と一言だけ。

寛一郎は父親が佐藤浩市。
母親が広田亜矢子と二人共演技畑の人間。
そのため2世俳優と呼ばれるのは
「正直嬉しくはない」と言いつつも
そうい言われることは
既に覚悟し織り込み済み。

そのため「注目していただけることはありがたい」
と語り、注目されることを
メリットと考える覚悟を語っています。
 

 

■ゴールデンの連ドラレギュラーで再び覚悟を語る

寛一郎は2019年10月20日開始の
日曜21時放送の連続ドラマ
「グランメゾン東京」でレギュラー出演。

そのため今回寛一郎は
否が応でも注目をされることに。
寛一郎の息子として「二世俳優」と
呼ばれることにはやはり
以下のように覚悟を語っています。

「それ込みで俳優になりましたから」
「生まれた時からずっと言われてきましたし」
「役者にならなくても言われたと思います」

「覚悟しています」
「親は関係ないと人は強い」
「僕はそうじゃないので、
積み重ねていくしか無いと思います」

寛一郎は今後の目標については
「いい意味で期待を
裏切れる役者になりたい」
と語っています。

■貴重な寛一郎の過去の動画

寛一郎はもともとは俳優には
なりたくないという思いが。
理由は父も祖父も役者であったため
親への反発心も…。

そんな寛一郎が
役者を志したのは17-18の時。
祖父である三國連太郎が
2013年4月になくなっているため
その時期ということになります。

その時に寛一郎が祖父である
三國連太郎の遺影を持つ姿が
当時のニュースで
動画として残っています。

三國連太郎さん葬儀で喪主・佐藤浩市さん挨拶(13/04/18)

 

 

■母親は広田亜矢子

寛一郎の母親は広田亜矢子。
舞台役者であり、
1993年に佐藤浩市と結婚。
そして結婚を機に仕事をやめて
佐藤浩市を支えることに。

実は広田亜矢子は
広田レオナの従妹であり、
原田芳雄の長男である
原田喧太の妻の姉という人物。

また、広田亜矢子は基本的には
表舞台に出てきていませんが
実は2015年6月20日にの
佐藤浩市の主演映画「愛を積むひと」の
舞台挨拶にて嫁である広田亜矢子から
手紙がサプライズで届けられています。

この映画は「なき妻が生前に書いた
手紙を受け取る」というストーリー。

その広田亜矢子の手紙の中には
主に以下のような内容が…。

「結婚した当初
体があまり丈夫でない私は
『自分がしんだら、
保険金で好きな映画を作ってね』と、
あなたに言ったことがありました」

「23年前に浩市さんから
いただいたお手紙にあった
『僕は一生あなたの味方です』
という言葉を、今も忘れません」
「私の一番の味方は、浩市さんです」

「私は、浩市さんを1人にしないように
浩市さんよりも1日でも
長く生きることを約束します」

 

 

■姑の介護をする母親・広田亜矢子

佐藤浩市の家庭は実は少々複雑。
三國連太郎は4回結婚をしていますが
三國連太郎の実母は3人目の嫁で、
1957年に結婚、1960年に佐藤浩市が生まれて
1972年に離婚をして母子家庭に。

そして母親には内縁の夫が出来て
それに耐えきれず高校2年の時に
佐藤浩市は家を出ました。

その後30年以上佐藤浩市と母親は絶縁状態。
しかし2008年7月に佐藤浩市の母親は
脳梗塞で倒れて入院。
内縁の夫も2008年12月になくなります。

佐藤浩市の母親は脳梗塞の
後遺症もあるのか認知症になり
症状は加速度的に重くなる一方。

そんな母親を見捨てることが出来ず
嫁の広田亜矢子と相談して
2008年12月末に自宅に引き取り
2011年5月にはバリアフリー完備の家を建設。

そして広田亜矢子が佐藤浩市の
母親の介護をつきっきりでしたとのこと。
 

 

■おわりに

寛一郎は覚悟を決めて
名字を外して勝負をしています。
芸名である寛一郎という名前は本名。

芸名を寛一郎にしたのは
父親のイメージがあるため
「佐藤」はつけたくなかったという
覚悟の表れであるとのこと。

ちなみに寛一郎はデビュー直後に
父親に関しては以下のように
コメントしています。

「それはもちろん、意識します」
「俳優として大先輩ですし」

また、今回の寛一郎の出演ドラマ
「グランメゾン東京」は木村拓哉が主演。
大きな仕事について母親は純粋に喜び
父親である佐藤浩市は
自分も共演歴があるため
「拓哉と一緒なんだってな」
などと言われたことも明かしています。



コメント

タイトルとURLをコピーしました