神田川俊郎は現在熟年離婚…相撲ではよく姿を見かけていた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

料理の鉄人など
バラエティ番組にも出演をしていた
人気料理人の神田川俊郎

実は現在は熟年離婚をしていることが
少し前に週刊新潮にて
明かされていました。

2017年現在も大相撲の中継で
神田川俊郎の姿はよく見かけることが多く
本人は現在も元気。

今回はそんな神田川俊郎の
嫁との離婚についてと
現在も大相撲の中継で見かける
姿などについてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 


■神田川俊郎について

名前:神田川俊郎(かんだがわ としろう)
本名:大竹俊郎(おおたけ としろう)
生年月日:1939年11月15日
出身:京都府

神田川俊郎は「洗心亭」や
「なだ万」で修行をした後に
1965年に和食料理店「神田川」を開店。

その後料理の鉄人で
「関西料理界のドン」として登場をし
神田川俊郎本人以外にも
弟子を出演させたりと
後進の教育にも熱心。

現在は全日本調理師協会名誉会長になり
やはり後進の指導を担当しています。

長崎県の向陽高等学校の
調理科では名誉顧問に就任し、
入学式にも出席。

料理コンクールでは神田川俊郎が
直々に指導もするなど積極的に活動。

■神田川俊郎は現在離婚をしていた

そんな神田川俊郎が
実は離婚をしていたことを明らかにしたのは
2011年7月の週刊新潮にて。
神田川俊郎本人が離婚を告白しています。

嫁とは40年間婚姻関係にありましたが
20年以上前から別居をし、
2010年夏に離婚が成立をした事、

離婚の原因については
語ってはいないものの
神田川俊郎自身が「すべて私が悪い」と
語っていることが掲載されていました。
 

【スポンサーリンク】

 


■神田川俊郎は現在相撲に…

そんな神田川俊郎、
実は2017年現在で20年以上も
大相撲春場所に通っていることが
明らかになっています。

春場所には毎日のように
神田川俊郎は姿を見せ、
向正面の維持員席であるため
大相撲中継でも姿がほぼ毎回確認できるほど。

また、2013年3月には親交のある白鳳に
縁起物である揚げたての
鶏の唐揚げ20キロ分を
プレゼントなどもしていました。

■おわりに

神田川俊郎は少なくとも2013年3月までは
白鳳の大阪後援会
「白金(プラチナ)会」の相談役。

相撲については2017年現在も
春場所は連日通うほどの好角家。

現在世間を賑わせている
日馬富士についても10年来の親交を持ち
今回の兼については
驚いていると語ってもいました。

相撲好きとしては今回の件は
何を信じれば良いのかわからない状態で
やきもきしますよねぇ…。
 

【スポンサーリンク】

 






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください