加藤茶が現在少し前まで入院。過去に病気・大動脈解離やパーキンソン症候群

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

加藤茶が現在入院をしていたこと、
すでに退院をしていたことが明らかに。

加藤茶は過去に病気、
大動脈解離やパーキンソン病に
似た症状のパーキンソン症候群を
患っており心配されていましたが

加藤茶の嫁によると
深刻な病気ではなく、
あくまでも検査入院であるとのこと。

今回は加藤茶の過去の病気、
大動脈解離やパーキンソン病と
現在、つい最近まで
入院をしていたことが
明らかになったことについて
みてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■加藤茶の病気

加藤茶の病気については
まずは2005年の健康診断で
狭心症と診断されたのが最初。

加藤茶はこの時62歳であり、
動脈硬化を起こしている血管部分を
広げる手術をしますが、

そもそもの原因であった
暴飲暴食については2003年に
嫁と熟年離婚をした加藤茶は
当時独り身であったこともあり
生活の改善をするように
言われたものの守らず。

2006年10月には
体調不良により緊急入院。
大動脈の内膜が裂ける病気の
大動脈解離であったことが判明。

加藤茶は狭心症のため血液を
固まりにくくする薬を
常用していたために手術をすると
出血が止まらなくなってしまうため
すぐには手術できず。

加藤茶が入院してから5日後に
10時間に及ぶ大手術をし、
大動脈解離をした部分を
人工血管に置換。
加藤茶はこの時に
2ヶ月入院をして10キロ減量。
 

【スポンサーリンク】

 

■その後パーキンソン病に

加藤茶は大動脈解離という
病気にかかりますが
その後ドラマに復帰。

2014年6月に出演した
バラエティー番組では
加藤茶はろれつが回らずに
どこかぼんやりとした表情であったため
重篤な病気なのでは
との説も出ていました。

加藤茶はロケに行く前日から
手足が震えており
ロケから帰ってきたときも
食事が撮れないぐらいに
手足が震えており収まらず。

加藤茶の病気はパーキンソン病に似た
パーキンソン症候群と診断。
原因は大動脈解離の
手術をして以来服用している
薬の一つが合わなかったため。
 

【スポンサーリンク】

 

■加藤茶が2018年9月現在入院も

過去に大きな病気を
患っている加藤茶。

2018年9月19日には、
実は2018年9月6日に高熱を出し、
2018年9月12日まで
入院をしていたことが明らかに。

2011年に結婚した嫁によると
2018年8月末から高熱が出ており、
加藤茶本人は大丈夫だと言ったものの
嫁が心配して病院に連れていったとのこと。

重篤な病気ではないとし、
大動脈解離の検査は
定期的に受けており、
今回入院して行った検査も
全く問題なかったことを
明かしています。

■おわりに

加藤茶の現在については
嫁がインスタにて頻繁に
投稿をしているので元気な姿を
見ることが出来ます。

上記インスタ画像は
加藤茶がすでに現在
退院をした後の画像。

加藤茶は退院をした現在、
2018年9月13日にはテレビ東京の
「よじごじDays」の生放送に出演。

前日まで入院をしていたとは
思えないほど元気な姿を
見せていました。

加藤茶の嫁によると
あくまでも検査入院とのことなので
現在の体調は良好な様子。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください