加藤頼が俳優・加藤剛がなくなったことでコメント。遺志を継ぐと決意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

大岡越前などで知られる
俳優・加藤剛が胃がんでなくなりました。
そのことについて同じく俳優として
活躍をする加藤剛の息子、
加藤頼がコメントをしています。

今回は加藤剛の息子、
加藤頼についてと
なくなった父親についての
コメントをみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■加藤頼について

名前:加藤頼(かとう らい)
本名:加藤小次郎(かとう こじろう)
生年月日:1980年7月16日
出身:東京都

加藤頼は俳優・加藤剛と
女優の伊藤牧子の息子の一人。
長男も俳優の夏原諒であり
加藤頼は次男に当たります。

加藤頼は2004年に父親である
加藤剛も所属している
劇団俳優座に入団。

ちなみに加藤剛は1964年入団なので
加藤頼は劇団俳優座に
父の40年後に入った計算になります。

加藤頼は劇団俳優座所属なこともあり
父親との共演は
上記ツイッター画像の
「先生のオリザニン」などのように
多くあります。

ちなみに「先生のオリザニン」では
ビタミンB1(オリザニン)を
世界で最初に発見した鈴木梅太郎の
生涯を描いており、

鈴木梅太郎の若い時期を加藤頼。
晩年を加藤剛が演じたことになります。

他の舞台や大岡越前でも
共演をしており
「徹子の部屋」など
バラエティ番組で
加藤頼と加藤剛は共演をしていました。
 

【スポンサーリンク】

 

■加藤剛がなくなっていた事について

加藤剛は2018年3月末に体調を崩し
診察の結果、進行した状態の
胆のうがんと告知。
すぐさま入院をしたものの

2018年6月18日10時に
家族にみとられなくなりました。

■父親について加藤頼がコメント

加藤頼は父親が
なくなったことについて
コメントをしています。

加藤頼は加藤剛がなくなる4日前、
2018年6月14日に会話。

舞台出演が15日から17日に
あることを加藤頼が
加藤剛に告げると
「気にしないで務めてきなさい」
と送り出したという。

また、以下のようにも
コメントをしているとの事。

「小さい頃から憧れの人」
「『自慢のお父さん』で、
憧れの役者」
「遺志を継げるような
仕事をしていく」

2017年12月19日放送の
「徹子の部屋」で
加藤頼と加藤剛が共演をした際にも
父について以下のように
コメントをしていました。

「いつまでも目標であり憧れの父」
「なるべく長く皆さんに
見ていただけるような役者で
居続けていただきたい」

■おわりに

加藤剛がなくなってから
発表が遅れた理由は
加藤剛本人の意向で
最後は家族だけでという
遺志があったこと。

また、家族がお別れの会の段取りが
済むまで発表はしないという
意向があったことも
明らかになっています。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください