加藤遊海がミスユニバースジャパンに!マレーシアで育ち現地で有名女優

加藤遊海が2018年の
ミス・ユニバース・ジャパンにて
グランプリを獲得し、

ミスユニバース世界大会に
出場することが決定しました。

加藤遊海は加藤ゆうみ名義で
「天才!志村どうぶつ園」の
大型企画「絶滅ゼロ部」に
出演をしてマレーシア育ちの
野生児として話題になっていました。

今回はそんな2018年
ミス・ユニバース・ジャパンの
グランプリに輝いた
加藤遊海についてみてみましょう。


 

 

■加藤遊海について

名前:加藤遊海(かとう ゆうみ)
生年月日:1996年7月10日
出身:愛知県

加藤遊海は日本生まれで
5歳から18歳までマレーシアで育ちます。
両親はマレーシアで
現在喫茶店を開業し、
現在は帰国して三重県に在住。

10歳の頃には
ダイビングライセンスを取得、

一時期はティオマン島で
一人暮らしをし
ダイビングショップで働きつつ
村人と一緒に狩猟をするという
まさに野生児。

16歳の頃に一時的に帰国をして
茶道の松尾流という
名古屋の家元に入り、
日本の文化も学んでいます。

その理由は日本人であるものの
敬語が喋れず、読み書きも
出来なかったため
日本の文化を学ぼうと
思い至って住み込み修行。

そのため現在は日本語、
英語、マレー語が出来るトリリンガル。
更に中国語も堪能です。

ちなみに現在加藤遊海は
名古屋に住んでいるとのこと。
 

 

■マレーシアで女優として活動

加藤遊海はマレーシアの
TV番組に出演をし日本の

クールジャパンプロジェクトの一貫で
日本とマレーシアの
TV番組が協力したドラマ
「J.K.K」にヒロインとして出演をしており、
中村みかんという役を演じていたため

マレーシアでは
「みかんちゃん」として
呼ばれていました。

ちなみにその役は伊勢丹で働く
愛媛県出身の日本人スタッフ。

そのためマレーシアの
「伊勢丹ザ・ジャパンストア」の
紹介イベントにも登場をしています。

Japan's Shinkansen to bid on HSR project

■天才!志村どうぶつ園にも出演

そんな加藤遊海は
2017年10月28日に
「天才!志村どうぶつ園」の
絶滅ゼロ部に出演。

絶滅ゼロ部は絶滅の危機の
動物たちの現状をレポートし、
第一部はマウンテンゴリラの生態を
レポートしています。

そして2018年2月17日からは
絶滅ゼロ部の第二弾、ケニア編として
ロスチャイルドキリンの保護活動を
取り上げています。


 

 

■ミスユニバースジャパンに

加藤遊海がミスユニバースジャパンに
応募した理由は日本を
PRしたいという思いのため。

両親は三重県の伊勢に住んでいるため
加藤遊海は名古屋在住ですが
三重県大会で出場。

三重県代表で出場をし
2018年3月19日の
2018ミス・ユニバースの
日本代表最終選考会で
見事グランプリに。

■おわりに

加藤遊海の考えや詳細な
プロフィールを知りたい場合は

ミス・ユニバース2018年の
三重代表になった後、
2018年2月のこちらの2つの動画が
参考になります。

14分の動画が2つですので
少々長いですが時間のある方は
ぜひご覧ください。

政治・歴史・まちづくり・人づくり 坂の上の雲に向かって~稲垣昭義と政治・歴史・三重の魅力を語ろう~ 2月② ゲスト ミス・ユニバース2018 三重代表 加藤遊海さん 前編 四日市市の稲垣昭義
政治・歴史・まちづくり・人づくり 坂の上の雲に向かって~稲垣昭義と政治・歴史・三重の魅力を語ろう~ 2月③ ゲスト ミス・ユニバース2018 三重代表 加藤遊海さん 後編 四日市市の稲垣昭義

特に2つ目の動画では
日本の神様についての
考え方を語っています。

加藤遊海は21歳であるのに
こんなしっかりした考えを
持てるのは凄い。

ちなみに加藤遊海は
ミスユニバースジャパンに
なれた暁には、
世界のファイナリスト達と
友人になりたいとしています。

そして日本に来て欲しい、
写真を取って一緒に観光を
したいということも。

加藤遊海は人と人の繋がりを
大事にしているということですね。



コメント

タイトルとURLをコピーしました