加藤ゆうみはマレーシアで育ち両親も移住済み!経歴やプロフィールが凄い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「天才!志村どうぶつ園」の新企画である
絶滅危惧種の動物たちの
現状を探る「絶滅ゼロ部」。

栄えある部員第一号に選ばれたのが加藤ゆうみ
経歴やプロフィールが凄く、
なんといっても目を引くのが
マレーシア育ちであるということ。

日本では無名なもののマレーシアでは
人気ドラマ「J.K.K」シリーズに出演しており
マレーシアでは女優として有名。
また、両親も既にマレーシアに
移住をしています。

今回はそんな加藤ゆうみの経歴や
プロフィールについて見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■加藤ゆうみの経歴やプロフィールについて

名前:加藤ゆうみ(かとう ゆうみ)
生年月日:1996年7月10日
出身:日本

加藤ゆうみは日本で生まれますが
5歳の頃からマレーシアに移住。
しかし中学の時にいじめにあい
家に引きこもります。
そうして1年ほど家の中だけで生活をしていると

両親により一人で
マレーシアのテオマン島に送られ、
それ以降は一人で生活をすることに。

加藤ゆうみはもともと両親とともにテオマン島に
5歳の頃からよく行っていたために
村人は小さいときからの知り合い。
そのために両親も安心して
送り出せたのかもしれません。

また、テオマン島のダイビングショップで
5ヶ月住み込みで働いて食事ももらったものの
成長期であったので食べ足りずに

村人とともに素潜りで魚を捕り
山の中でシカなどを捕まえるといった
サバイバル経験があります。

■加藤ゆうみの両親

加藤ゆうみは2016年11月時点では
仕事の基盤は名古屋ですが
その段階では両親は
マレーシアに住んでいるとしています。

そのため加藤ゆうみは月に一度
マレーシアにいる両親に
会いに行っているとの事。
 

【スポンサーリンク】

 

■日本帰国をしてからは…

加藤ゆうみは16歳の頃に帰国。
名古屋で茶道の家元で
2年間修行を積み資格を取得。

その後19歳の時にモデルデビューをし、
2016年の時にテレビ朝日「旅チャンネル」の
マレーシア魅惑の旅でレポーターを
務めるなど活動をしていました。

■マレーシアでも女優として活動

そんな加藤ゆうみですが
マレーシアのテレビ番組J.K.Kに出演。

2017年1月~2月にはマレーシアにある
「伊勢丹ザ・ジャパンストア」の
紹介イベントにも登場しています。

そして2017年7月にはいすゞと
マレーシアのコラボである
ISUZU Malaysia
のブランドアンバサダーになっています。

ちなみにJ.K.Kでは中村みかんという
KLの伊勢丹で働く愛媛県出身の
日本人スタッフ役だったので
マレーシアでは「みかんちゃん」と
呼ばれています。

■おわりに

加藤ゆうみの経歴やプロフィールは
なかなかに凄く、ユニークなもの。

茶道やレスキュースキューバダイバーなどの
資格もあり英語やマレー語、
中国語も扱えるとのことで
国際的な活躍をこれからどんどんしていきそう。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA