加藤茶がパーキンソン症候群が激やせ理由と現在明かす

加藤茶が2019年10月現在、
激やせした理由は病気の
パーキンソン症候群であったと明かしました。

加藤茶は激やせして
一時期は体重が38キロに…。
今回は加藤茶がパーキンソン症候群という
病気が理由で激やせをしたということを
現在告白したことについてみてみましょう。


 

 

■加藤茶と病気

加藤茶がパーキンソン症候群になったのは
実は以前の病気が理由の一つ。
加藤茶は2006年10月に大動脈解離と診断。
加藤茶はもともと狭心症。

そのため薬を常用していましたが
そのせいですぐ手術はできず、
入院してから5日後に手術。
そして人工血管に置換をするなどし2ヶ月ほど入院。

■パーキンソン症候群に

加藤茶に異変が起こったのは
2014年6月9日のNHK
「鶴瓶の家族に乾杯」の出演時。

この時に加藤茶は意識が朦朧として見えたり
ろれつが回っておらず、
手が震えるなど何かの
病気ではないかと囁かれました。

しかしこの時に加藤茶の嫁、
加藤綾菜はただの風邪だと反論。
しかし実はその番組の収録は終わった後に
帰宅して即病院へ行き入院。

加藤茶はパーキンソン症候群であったことが
2015年5月11日放送の
「私の何がイケないの?」
などで明かされていました。

加藤茶のパーキンソン症候群の理由は
大動脈解離手術以降に常用をしている薬。
そのうちの一つの薬が
加藤茶の体に合わずに
パーキンソン症候群と
診断をされたという結果に。

また、大動脈解離で出される
薬の一つに降圧剤という、
その名の通り血圧を下げる薬が。
この薬の副作用でパーキンソン症候群に
なることもあるとされています。

このとき加藤茶はパーキンソン症候群により
ほぼ寝たきり状態で筋肉が落ち
激やせして体重は38キロ。
 

 

■2018年9月にも入院

このように過去にパーキンソン症候群で
病院に行ったことなども
後日明かしていた加藤茶。
実は2018年9月には加藤茶は
緊急入院をしていたことが明らかに。

このときも具体的に
どのような病気かは明かされず、
酸素吸入などの措置が取られただけと
報じられていました。
この時は検査入院であると
されていましたが…。

■2019年4月にも激ヤセが心配される

そして2019年4月3日、
鈴木奈々のインスタにて
加藤茶・加藤綾菜夫婦との
3ショットが投稿されました。

このときの加藤茶が
激やせしているように見え心配の声も…。
とはいえ角度や画像加工の問題なのか、
ほぼ同時期の加藤綾菜の
インスタ画像ですとそこまで
激やせといった様子には見えません。

■おわりに

加藤茶は大動脈解離で手術、
そしてパーキンソン症候群で激やせ。
2018年には入院と体調面がやはり心配。

2019年では4月に激やせ疑惑が
少しあった程度なので
現在の体調は良いのかもしれませんが。

2018年の入院が
パーキンソン症候群を後に明かしたように
「実はあの時…」とならなければ良いのですが。



コメント

タイトルとURLをコピーしました