桂文枝、浮気相手疑惑が新たに週刊新潮で報じられる。8年間の交際か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2016年に浮気相手が
フライデーにて報じられた桂文枝

今回は週刊新潮にて新たに
8年交際の浮気相手が
いることが報じられました。

今回は過去にフライデーされた
浮気相手についてと
今回報じられた浮気相手について
みてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■桂文枝の浮気相手が週刊新潮に

桂文枝の新たな浮気相手について
報じたのは2017年12月26日の
デイリー新潮にて。

2017年12月27日発売の
週刊新潮の記事の紹介という形で
報じられていました。

デイリー新潮によると、
桂文枝と今回の浮気相手、
Aさんが出会ったのは2008年に
大阪の演芸場を訪れたことがキッカケ。

喫茶コーナーにいたAさんと
桂文枝は一緒に写真を撮ってくれたため
お礼を言いに再び訪れると
今度は桂文枝の部屋に通されたという。

そのうちに桂文枝が浮気相手のAさんの
家を訪れるようになり
2009年3月には男女の仲に。

桂文枝とAさんは電話やメールで
やりとりを頻繁にしており
なかなかにきわどい会話をしていたことも
動画にて明らかにされています。

また、桂文枝はAさんに
将来は一緒に住んで介護をしてほしい
とまで言うようになっていたとのこと。

桂文枝は浮気相手のAさんについて
コメントを求められるも
「知らん」と何も語らず。
 

【スポンサーリンク】

 

■桂文枝は2016年にもフライデーを

桂文枝は2016年2月にはフライデーにて
演歌歌手の紫艶(しえん)が
18の頃から浮気相手で20年近く
交際をしていたと暴露。

ただし桂文枝は2014年に
会ったのが最後であり
10年から12年間は交際をしていない
としていました。

桂文枝の浮気相手である
紫艶は引退覚悟で
情報を公開したとし

2016年2月28日に引退を明言しますが
その後は再び芸能活動を再開しています。

■おわりに

桂文枝の新たに発覚した
浮気相手疑惑は電話の音声も
提供されていることを見ると
本人からの情報提供のようですが

フライデーによって発覚した
紫艶の存在も大きいのでしょうか。

まだ桂文枝側が今回の
浮気相手疑惑について
何もアクションを起こしていないので
実際のところは不明ですが

桂文枝は2016年2月21日に
フライデーされた浮気相手、
紫艶との関係について謝罪をしています。

特に嫁に対しては
44年間尽くしてくれたのに
裏切るような形になって…と
涙ながらに謝罪。

今回も桂文枝は何らかの形で
謝罪なり説明なりをするとは思いますが…。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA