河村隆一が入院し手術。肺腺がんで退院後に声帯ポリープが出来ていた

河村隆一が入院をし声帯ポリープの
手術をすることを明かしました。
河村隆一は2019年1月には
肺腺がんのために入院をし手術。

そのため河村隆一にとっては
2019年にはいって
今年2回目の入院及び
手術ということになります。

今回は河村隆一の2019年に入って
1度目の肺腺がんでの入院と手術、
2度目の声帯ポリープでの入院と
手術についてみてみましょう。


 

 

■河村隆一の1回目の入院は肺腺がん

河村隆一は2019年1月10日に
検査入院をすることをブログで発表。
そして2019年1月13日には
少し前に肺腺がんだと診断をされたこと、
肺腺がんの切除手術を
2019年1月11日に行ったことを告白。

幸い河村隆一の肺腺がんは
まだまだ小さなものであり、
放射線治療や抗がん剤治療などを
行う必要はないと言われたことも告白。

そして2019年1月14日には
既に退院をしたことも明かしています。
この時に河村隆一は肺腺癌の手術の事で
深く息を吸うとわずかに痛みが
ある程度だとしています。

実際に河村隆一が退院をしたのは
予定より1-2日ほど早いとのことなので
術後の経過は良好のよう。
 

 

■肺腺がんの手術後

河村隆一は2019年3月8日には
声帯にポリープが出来てしまったことを告白。

ただし現在はまだポリープが出来ても
そこまで気になるようなレベルではなく、
普通に気持ちよく歌うことが
出来たとしています。

そして2019年7月20日には
肺腺がんの手術から半年後、肺の検診へ。
この時の検査結果では肺腺がんが
再発していないことがきちんと
確認できたとも報告。

しかし声帯ポリープにより声がれがあり、
声帯のデッドポイントを意識しなければ
いけなくなったことも明かしています。
河村隆一曰く、デッドポイントでは
声が一瞬途切れてしまうので
ある意味初めて出す声で歌う必要が。

そのため声帯ポリープが出来た事で
技術及び集中力を高めて売れるので
ある意味ご褒美であるとも告白。
 

 

■二度目の入院

河村隆一は2019年9月11日には
声帯ポリープが気になるのか
「今日は1日声がゴロゴロしています」
とブログにて記述をしています。

そして2019年10月1日にはブログを更新。
当日に入院をしたこと、
2019年10月2日に声帯ポリープの
切除手術をすることを報告しています。

■おわりに

河村隆一は2019年1月に肺腺がんで入院。
2019年10月には声帯ポリープの
切除手術で入院をしたということに。

1度目の肺腺がんの入院の際は
すぐに退院をしたので
今回の2度目の入院についても
すぐに退院をするのでしょうか。

しかし肺腺がんの切除手術の次に
声帯にメスを入れるというのは
バンドのボーカルとしては
かなり不安でしょうね…。



コメント

タイトルとURLをコピーしました