川崎希が法的措置!3月にはアレクもSNS書き込み提訴報告

川崎希が家族に対しての
嫌がらせ書き込みをする人に
法的措置を取ったことを明らかにしました。

2019年3月には川崎希と
旦那のアレクサンダーが
SNSなどの嫌がらせに対して
法的措置を検討していることを明かしました。
それからおよそ半年ということに。

今回は川崎希が法的措置を
とったことについてみてみましょう。


 

 

■川崎希が法的措置

川崎希が法的措置をとったと
明かしたのは2019年10月4日の事。
川崎希や旦那のアレクサンダー、
家族に対しての嫌がらせの書き込みを
継続してされており、
発信者情報開示請求をしたとコメント。

その結果川崎希らに嫌がらせをしていた
人物の名前と住所が明らかに。
川崎希が今回発信者情報開示請求と
法的措置を取ったのは
ママスタジアムという匿名の掲示板。

こちらの掲示板にて
川崎希及びアレクサンダーらの
書き込みの数が多かったとの事。

現在のところ法的措置はここまで。
今後悪質な書き込みに対して
どうするかは弁護士と話し合い
手続きをすすめるとしています。
 

 

■半年前にも旦那が法的措置検討

また、川崎希の旦那である
アレクサンダーが
2019年3月29日にブログを更新。

度を超えた嫌がらせの書き込みがあり
事務所の顧問弁護士に相談をしたところ
民事、刑事ともに法的措置を
検討することを発表しています。

この時既にアレクサンダーは
情報開示請求をすれば
匿名でも誰が書いたかは
分かるようであるとし釘を差していました。

そして翌日、2019年3月30日に
川崎希もブログを更新。
川崎希も掲示板での匿名と言えども
絶対にばれないということはないとしており、
悪質な嫌がらせについて
思いとどまるようにと忠告をしていました。

■堀ちえみのブログで批判をし書類送検も…

また、芸能人に対する悪質なコメントで
実際に2019年6月18日に
書類送検された事件が。

それは堀ちえみのブログに
誹謗中傷をする言葉を
何度も書き込んだ50代の主婦が
書類送検されたというもの。

この主婦は2019年7月16日に
「グッディ!」などの取材に答えていますが
「みんな書いてるじゃないですか」などと主張。

このことで芸能人のアンチスレが
多く立っていた「ママスタ」の
アンチスレがすべて削除されたという情報も…。
 

 

■おわりに

川崎希が法的措置で
情報開示請求をしたわけで、
これはある意味で牽制。
もう既にここまで法的措置をしたので
思いとどまって下さい、という
川崎希らの優しさなのかもしれません。

個人的には嫌いな物、人に
時間を使うのがもったいないと感じ
そんな時間が有るなら趣味に使うので
批判のために時間を多く使うのは
ちょっとよくわからない。

政治活動の好き嫌いとかなら
自分の生活に関係もするので
わからないではないのですけれど。
とは言っても批判で止まらずに
誹謗中傷まで行くと流石にアウトですが。

芸能人が嫌いだとしたら
見なければ良いだけのような気も。



コメント

タイトルとURLをコピーしました