樹木希林が骨折で手術。現在のガンの状況は再び治療開始も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

女優として現在も
活躍をしている樹木希林

2013年に全身がんを告白して
現在のガンの状況については
再び治療開始をしていることを
明かしています。

そんな樹木希林が骨折をし
手術をしていたことが明らかに。
今回はそんな樹木希林の
骨折の手術と現在の
ガンの状況についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■樹木希林が骨折で手術

樹木希林は2018年8月13日に
大腿骨を骨折。
2018年8月15日に
骨折の手術を受けていたことを

2018年8月16日のNHKBSプレミアム
「大中継!にっぽんのお盆」にて
明かされました。

樹木希林は骨折をして
手術をしたばかりなので
通常通りの出演とは
いきませんでしたが
電話にて生出演をしています。

また、お盆特集という
番組であっただけに樹木希林は
「あちらに送られる側に
なるところでした」
ときわどいジョークを語っていました。
 

【スポンサーリンク】

 

■ガンを告白

樹木希林は2004年に乳がん発症。
2005年には右乳房を全摘出手術。
2007年に同一の場所に再発をし

その後は放射線治療をしていましたが
2008年には腸や副腎、脊髄など
13箇所に転移をしたことを
2013年に明かしています。

樹木希林は2014年1月には
がん治療が終了したことを公表。

■現在のガンの状況

その後樹木希林は
全身にがんが転移をしつつも
精力的に仕事をしており、
治療の再開をしていることを
何度か明かしています。

ちなみに樹木希林の
がん治療法は鹿児島の
UMSオンコロジークリニックの
「四次元ピンポイント照射」と
呼ばれる放射線治療でるとのこと。

実際に樹木希林は2018年3月頃に
ガンの状況について
鹿児島のクリニックで
1年半ぶりにPET検査を受けたこと、

また治療を開始しようと
思ったことなどを
デイリー新潮にて明かしています。

参考:デイリー新潮

ちなみに樹木希林は
2018年4月22日に
映画「モリのいる場所」の
完成披露試写会に登場。

ガンの状況が状況であるため
体調について質問されると
以下のように返答をしています。

「悪いんです」
「瞬間芸だからね」
「みんなが帰った後に
ガクーッとくる」

 

【スポンサーリンク】

 

■おわりに

樹木希林がガンの状況について
つい最近治療を開始しようと
思っていると答えたばかり。

この状況で骨折をして
手術が必要な状況となると
樹木希林の体調が心配。

大腿骨の骨折となると
歩くのですら大変そうですし。

ちなみに参考までに
2017年3月21日には
研ナオコ(当時63歳)が
公演中に舞台で転倒をし

右大腿骨頸部骨折で入院し手術。
全治3ヶ月と診断も
1ヶ月で復帰をしています。

樹木希林の骨折については
まだ詳しい情報は出ていないため
参考になるかは不明ですが。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください