北園涼が網膜剥離で手術へ。パリでの公演は声のみ出演で東京公演は未定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ミュージカル「刀剣乱舞」に
出演をしている北園涼
網膜剥離で手術をすることが明らかに。

初めてのヨーロッパ公演という
大舞台を目前に控えたこの段階で
網膜剥離で手術となると
北園涼の無念さはいかほどか…。

今回は北園涼が
網膜剥離で手術をすることについて
みてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■北園涼について

名前:北園涼(きたぞの りょう)
生年月日:1992年2月9日
出身:鹿児島県鹿鹿屋市

北園涼は2014年にデビュー。
ミュージカルデビューは
2015年の「忍たま乱太郎
~第6弾~凶悪なる幻影!~」。

2015年10月には
ミュージカル「刀剣乱舞」
トライアル公演で
小狐丸役を演じて注目を集めます。

そして北園涼は刀剣乱舞の
ミュージカルをはじめ
様々な舞台に出演。

2017年4月には
「乱歩奇譚 Game of Laplace」で
北園涼が初主演に。

ちなみにこの舞台は
ノイタミナの同名のアニメが原作。
アニメのEDテーマはYoutubeで
ショートバージョンが公開されています。

OPテーマはamazarashiが
担当し、こちらはフルバージョンが
公式に公開されてもいたり。


 

【スポンサーリンク】

 

■北園涼が網膜剥離で手術へ

北園涼が網膜剥離で
手術を行うことが
明らかになったのは
2018年7月14日。

北園涼の視力の低下が見られ
診察を受けた所
網膜剥離と診断され、
現地(パリ)の病院で手術を行うことに。

北園涼が何故パリにいるかというと
ミュージカル刀剣乱舞の海外公演のため。

刀剣乱舞は2017年1月に
中国、上海で公演をし
2月にはインド、ニューデリーにも出演。
7月にはパリの「Japan Expo 2017」に
出演をするなど海外展開をしていました。

そして2018年1月には
2018年夏にフランス・パリと
東京で「阿津賀志山異聞2018 巴里」を
上演することが明らかとなっていました。

2018年7月8日には北園涼は
パリに来て「Japan Expo 2018」に
出演したことを報告していました。

北園涼は網膜剥離によって
2018年7月15日にパリの
パレ・デ・コングレ・ド・パリ大劇場で
行われる公演には声だけ出演。

2018年8月3日から
19日にかけて東京で
行われる公演については
北園涼の網膜剥離の手術の経過をみて
改めて知らせるとしています。
 

【スポンサーリンク】

 

■おわりに

北園涼が出演予定であった
パリの舞台は実は日本とフランスの
友好160年を記念して開催された、
ジャポニズム2018の公式企画。

あまり知られていませんが
広報大使は元SMAPの香取慎吾。

香取慎吾のインスタでも
安倍首相とのツーショットが
投稿されてもいます。

北園涼が網膜剥離での
舞台が声だけの出演ということが
出演1日前に発表。

それはそのような大舞台であるために
北園涼はかなり
無理をしていたという
事なのでしょうか…。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください