神戸いじめ教諭ら謝罪文公表も炎上。逆効果にしかならず

芸能

出典:GoogleMap

動画が拡散されて日々炎上をしている神戸市立東須磨小のいじめ教諭ら4人。大きく報じられて約10日、神戸いじめ教諭ら4人がようやく謝罪文公表。しかし謝罪文公表をしたものの内容に納得がいかない人が多く返って炎上をしてしまっています。

今回はそんな神戸いじめ教諭らが公開した炎上してしまった謝罪文の提出された経緯などについてみてみましょう。

   

 

神戸いじめ教諭らが公表した謝罪文

神戸市立東須磨小学校のいじめ教諭ら4人が公表した謝罪文は2019年10月16日に開かれた、非公開の保護者説明会にて公表されました。内容は以下の通りとなっています。

【30代男性教員A】
ここまで被害教員を大切に育ててこられたご家族の皆さま、このたびはこのようなあってはならない事態を引き起こしてしまい、大変申し訳ありません。ご家族の皆さまには直接お会いして、謝罪の辞を述べさせていただきたいと思います。

東須磨小の保護者の皆さま、そして子どもたちに、おわびをしなければいけません。いけないことを教える立場の私が、加害者となり、混乱と不安を与えてしまうことになってしまいました。信頼を裏切ることになってしまったことを、深くおわびしたいと思います。本当に申し訳ありませんでした。

【30代男性教員B】
自分自身の相手への配慮に欠ける言動や、軽はずみな言動に、最低な人間だと実感しました。一社会人として、人間として、恥ずべきことと考えています。もし、許されるのであれば、被害教員やご家族に直接、誠心誠意、謝罪したいと思います。

東須磨小の児童、保護者の皆さん、自分の身勝手な言動で、たくさんの迷惑をおかけしました。この事案を機に自分の在り方をしっかりと見直し、自分の言動に対して猛省を続けたいと思います。本当に申し訳ありませんでした。

【30代男性教員C】
相手のことを思いやらずに、自分勝手な行動で相手を傷つけたことを反省しています。被害教員をはじめ、私の行動で嫌な思いを先生方にさせてしまい、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

東須磨小の子どもたちや保護者の皆さんには、申し訳ない気持ちです。私の犯した行為は、許されることではありません。東須磨小の子どもたちは、素直な明るい子どもたちなので、そこを伸ばしてほしいと願っています。ただ、私の行為はその成長の邪魔をしてしまったと思っています。

【40代女性教員】
子どもたちに対しては、こんな形になって申し訳ないです。子どもたちを精いっぱい愛してきたつもりですが、他の職員を傷つけることになり、子どもたちの前に出られなくなり、申し訳ありません。

私の行動で、迷惑をかけてしまったことに対して、本当に申し訳ないと思っています。 被害教員に対しては、ただ申し訳ないというしかありません。被害教員のご家族に画像を見せられ、入院までしている事実と、苦しんでいる事実を知りました。

本当にそれまでは、被害教員には自分の思いがあって接していたつもりです。自分の行動が間違っていることに気付かず、彼が苦しんでいる姿を見ることは、かわいがってきただけに本当につらいです。どうなっているのかと、ずっと思っています。

出典:神戸新聞NEXT

   

 

神戸いじめ教諭らの謝罪文が炎上したのは内容だけじゃない!

神戸いじめ教諭らの謝罪文は内容が酷評され炎上。しかし炎上したのは謝罪文の内容だけでは有りません。まずそもそも謝罪文公表がいくら何でも遅すぎるということ。

神戸市立東須磨小学校とその地域だけの話題ではなく既に全国区でワイドショーは扱っており、関心の度合いはとても高いニュースです。しかし神戸いじめ教諭らの謝罪文などはしばらくの間音沙汰がなく、逆にリーダー格の「女帝」という名前やさらなる被害者の存在。文春など週刊誌により新たな神戸いじめ教諭らの悪行が暴露されていったことも炎上要因。

そして神戸市立東須磨小学校で行われた説明会で神戸いじめ教諭らの謝罪文が公表されたわけですが、これは「神戸いじめ教諭らの謝罪文」の公表です。そう、神戸いじめ教諭ら本人が謝罪をしていないのです。そのことは神戸市教育委員会担当者も把握しており下記の動画で苦い顔をしながら語っています。額に皺が深く刻まれているのが苦労を物語っている…。

   

 添削される神戸いじめ教諭らの謝罪文

そして神戸市立東須磨小学校、神戸いじめ教諭らの謝罪文は内容についても疑問の声が多く添削をするユーザーも多数。代表的な添削例が下記ツイートになります。

 

主な指摘内容については以下の通りとなります。

■男性教諭A

  • 被害者に向けて謝罪をしてない。
  • 面会されるのが当然と思っている。
  • 「いけないことを教える」ではない。悪いことは悪いことと教える。

■男性教諭B

  • 配慮や軽はずみという表現は生ぬるい。
  • 自分のあり方という問題でもない。

■男性教諭C

  • 思いやりの問題ではない。
  • 「先生方」と身内向けの表現は使用すべきでない。
  • 子供たちのことを出すのが唐突過ぎる。

■女性教諭(女帝)

  • 子供たちは今回の事件に関係ない。
  • 能動的にした行為だと記述していない。
  • 被害者家族に敬意を込めた表現をしていない。
  • 思いがあった、可愛がったというレベルでは全く済まされない。
  • 全体的に「何故こうなったのか」と被害者意識が見える。

   

ネットで謝罪文は炎上

当然このような神戸いじめ教諭らの謝罪文公表は単なる燃料投下にしかなりません。謝罪文の公表が遅いこと、本人が謝罪をしていないこと、そして内容に突っ込みどころが満載過ぎるため。ネットでは以下のように大炎上となっています。

  • 本人には謝罪しないつもりかよ。見下してたやつに頭下げられないってか?
  • これが教育者とか信じられない。
  • 画像や動画あるから言い逃れできないだろ。
  • 「かわいがってただけ」相撲部屋いってこいや!
  • 全体的に謝罪文としてどうなの?なんか幼稚じゃない?
  • よく見ると全員被害者に謝る気無くない?
  • これ謝罪文で無かったことになると悪影響じゃん。子供真似するだろ。
  • 海外メディアはどうなんだろうな、食いつき良さそうだけど。
  • こいつらほんと舐めてるわ。
  • 謝罪するつもりがあるなら雲隠れしてないで出てきて謝罪しろ。見える形で責任取れ。

神戸いじめ教諭らの謝罪文はこれで納得は流石に出来ないという声が大多数。また、大問題となるきっかけになったカレーを無理やり食べさせる動画の現場は家庭科室。

現在は使用をせず2019年11月末までに改修を予定とのことですが、このお金はどこから出るのか…。神戸市立東須磨小学校なので税金?ちなみに神戸いじめ教諭らは現在は有給休暇中。理由は自宅謹慎という制度自体が無いため。このことも神戸いじめ教諭らの炎上要因として一役買っています。

「対応がいくらなんでも後手後手過ぎます。現在の校長は最初こそ無関係で同情の声さえありましたが、徐々に非難の声も大きくなっています。このままですといじめ教諭らと同レベルで非難されかねません。そうなる前に断固とした対応が求められているのですが…」(ネット炎上専門家)

個人的に今回の謝罪文で(相対的に)まだマトモであったのは神戸いじめ教諭Bかなぁという印象。もちろん結局謝罪文としての体裁というと微妙なのは事実ですが、「人間として恥ずべきこと」「許されるのであれば謝罪したい」などという表現から相対的にマトモに見えます。相対的に(3回目)。

関連リンク

神戸教員いじめ「女帝長谷川雅代と舎弟男」顔画像名前鬼畜まとめ4人分

神戸市教員いじめで給食のカレー中止が物議!ランキング一位なのに加害教師の代わりに…

神戸いじめ教師の文春での新事実がヤバすぎた…実名報道される刑事罰の可能性


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました