小出恵介がフライデーされた相手が文春で語ったハニートラップ疑惑の話が凄い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

小出恵介が17歳の少女を相手にした行為がフライデーされ
無期限活動停止中になってしまった件で
相手であるA子さんが週刊文春2017年6月15日発売号で
ハニートラップ疑惑について語っています。

今回は小出恵介のフライデーされた相手である
A子さんが語ったハニートラップ疑惑について見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■小出恵介がフライデーされた内容

小出恵介がフライデーされたのは
2017年6月9日発売号。

小出恵介が2017年5月に大阪でNHKのドラマ撮影後に
17歳のA子さんに関係を強要したと報じられています。

しかし相手のA子さんの元カレによると
小出恵介と関係を持ったことについて

A子さんは自慢をしてくるようなラインをしており
報道された、関係を強要されたという内容とは
違うと語っています。

そして2017年6月10日には
小出恵介は500万円を要求されたが、
最終的に思いとどまったという報道が出たため
ハニートラップなのではという疑惑が浮上してしまいます。

■小出恵介の相手のA子さんの証言

A子さんは小出恵介を相手にしたことを
フライデーに情報提供した経緯を
週刊文春2017年6月15日発売号で
その疑惑について以下のように答えています。

誰かと相談して小出恵介を
はめようと思ったことはまったくなく
自分で考えて突っ走った。
子度が施設に取られたので生活が荒れていた。

小出恵介は強引だったものの
最初は無理やりではなく、
途中から無理やりだった。

友人やSNSに小出恵介の相手をしたことを自慢したのは
自分でもよくわからなかったものの
良い思い出にしたかったから。

日が経つにつれて気持ち悪さと怖さがこみ上げてきて
友人の「週刊誌に売ったらネタになるのでは」という言葉を思い出し
復讐と小遣い稼ぎで週刊文春とフライデーに連絡をした。

週刊文春は連絡が遅かったためフライデーを選び
2017年6月5日に全て話した。

参考:週刊文春2017年6月15日発売号

 

【スポンサーリンク】

 

■ハニートラップ疑惑についての証言

ハニートラップ疑惑については
フライデーに証言をした後、小出恵介に
フライデーに話した旨を伝えます。

すると小出恵介から謝罪をしたいと語り
2017年6月6日に小出恵介の宿泊先へ訪れます。

そして偶然エレベーターであった所
小出恵介は相手のA子さんを
抱きしめようとしてきたため拒否。

フライデーはいくらで買ったかをA子さんに聞き
A子さんが答えると小出恵介は50万円を提示。
そんなので収まるわけがないとA子さんが怒ると
小出恵介はどんどん値段を吊り上げて最終的に200万へ。

A子さん的にはハニートラップなどではなく
お金で解決しようとしたのは
小出恵介側だという主張です。

■おわりに

そうしてA子さんはフライデーに
記事の差し止めを依頼したものの止めることはできず、
フライデーが小出恵介の事務所に記事掲載を通告。
そこで事務所は初めて一連の件を知ったということに。

2017年6月16日発売のフライデーで
小出恵介の件で続報がきそうですが
それが出揃ってから会見ということになるのでしょうか。

文春での相手のA子さんの証言が真実なら
ハニートラップとは言えないのかもしれませんが

個人的には気持ち悪さや怖さが
徐々にこみ上げてきたような相手が
謝罪したいと言ったからといって
会いに行くというのもちょっと疑問。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA