小巻亜矢はサンリオ館長。息子(次男)が事故でなくなり自身も乳がん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

サンリオ館長の小巻亜矢
サンリオをV字回復させた館長ですが

実は息子(次男)を事故でなくし
小巻亜矢本人も乳がんを経験。
今回はそんな小巻亜矢の
プロフィールなどについて
みてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■小巻亜矢のプロフィール

名前:小巻亜矢(こまき あや)
青年:1959年
出身:東京都

小巻亜矢は1983年に
経営理念にひかれて
株式会社サンリオに入社。
1年半で旦那と結婚をし退職。

11年間専業主婦となり
3人の子供にめぐまれ、
旦那のアメリカ転勤についていき
子育て中心の生活がつづいていましたが

次男が事故でなくなってしまい、
1年間は無気力状態に。
30代後半にはサンリオグループの
化粧品の仕事で社会復帰。

2008年にはサンリオ企業内で
株式会社Nalを起業。
2008年には教育支援NPO方針
ハロードリーム実行委員会設立。
2010年には子宮頸がん
予防啓発プロジェクト
Hellosmileを発足。

2013年には東京大学大学院教育学
研究科修士修了。
2014年にはサンリオピューロランドの
館長に就任をしています。
 

【スポンサーリンク】

 

■小巻亜矢の息子の事故と離婚

小巻亜矢は25歳で結婚。
29歳、32歳、36歳のときに
息子たちを出産しています。
しかし次男を事故でなくしてしまい
そのことで旦那との向き合い方に
課題が生じて37歳のときに離婚。

とはいえ非常に良い形での
離婚であったとのこと。

■がんを患う

小巻亜矢の乳がんが
発覚したのは2008年頃。
仕事が充実しているときであり
片方を全摘出手術。
手術の一週間後には仕事に復帰。

そしてその後小巻亜矢は
重い子宮内膜症と
子宮筋腫であることが発覚。
再び全摘手術手術。

そのため子宮頸がんの
予防啓発活動を立ち上げています。
 

【スポンサーリンク】

 

■サンリオ館長になり

小巻亜矢はサンリオの館長に就任し
サンリオの良さが伝わっていないと実感。
SNSで良さを拡散する、
通称「インスタ映え」などを意識。
完全屋内型であるため
昼間からパレードをするなど

小巻亜矢の得意分野で勝負をし
小巻亜矢が館長に就任してから
サンリオの来場者は右肩上がりに。

■おわりに

私はサンリオピューロランドのある
多摩センターによく行くのですけれど
京王多摩センター駅は
実際にサンリオオリジナルデザインの
構内装飾になっています。

改札を出てすぐのエリアも
天井にサンリオの図柄があるため
実際に写真を撮ってる人を
よくみかけます。

2017年にはmisonoが
サンリオで結婚式を挙げましたし
小巻亜矢の狙いは見事に的中。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください