古村比呂、がん再々発。再発して治癒したと語った一ヶ月後に…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

子宮頸がんを発症し、
その後は手術で完治したと
思われたものの

2017年3月にがんが再発し、
治癒したことを明かしていた古村比呂

治癒したことを明かした
約一ヶ月後に再びがんが
再発していたことを
2018年2月に明かしました。

今回は古村比呂のがんの
再発についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■古村比呂のがん発覚は旦那との離婚後

古村比呂は1992年にドラマ
で共演をした布施博と結婚。

3人の子供をもうけますが
2006年からそれぞれの
親の介護のためもあり別居状態に。

2008年4月には別居中であることが発覚し、
2008年8月末に古村比呂が
旦那の布施博に離婚を申し入れる形で
2009年4月に離婚が成立。

三人の子供の親権を古村比呂が持ち
女優として本格復帰をしています。

そして古村比呂は2011年12月に
子宮頸がんを発症して
2012年2月に手術を受けていました。

■リンパ浮腫にも…

また、この時に古村比呂は
リンパ節の一部を切除したため
リンパ液が溜まって

片方の足と比べると
5cm以上も大きく腫れる、
リンパ浮腫にもなっており
2016年4月に手術をしています。

古村比呂は現在はリンパ浮腫や
その後遺症の情報交流をするため
シエスタの会と言われるものを
定期開催して積極的に
交流をはかっています。
 

【スポンサーリンク】

 

■古村比呂のがん再発

そして古村比呂は2017年9月25日には
2017年3月13日に検査を受け
がんの再発をブログで告白。

4箇所ほど再発をしていたとのことですが
2017年7月下旬には腫瘍マーカーが
正常値となり現在は元気であるとの事。

■古村比呂と黒柳徹子の縁

古村比呂は1992年にNHKの朝ドラ
「チョッちゃん」で
黒柳徹子の母親を演じた事もあり、

2017年10月からテレビ朝日の
「トットちゃん!」にて
今度は黒柳徹子の祖母役を演じています。
放送する少し前に
古村比呂はがんの再発を明かした形に。

実はがん治療に関しては
「トットちゃん!」に
出るためというのもあり
治療に向かうという
モチベーションもあったとのことを

2017年11月1日の「徹子の部屋」で
古村比呂は語っています。
 

【スポンサーリンク】

 

■古村比呂、がんの再々発

古村比呂はブログで2017年10月3日に
乳がん検査を受けたこと、
2017年10月6日にはその結果、
いくつか嚢胞はあったものの半年跡の
超音波検査まで様子をみる事を報告。

前述の2017年11月1日の
「徹子の部屋」にて
古村比呂はがん再発の兆しは
ないと語っていました。

しかし古村比呂は2018年2月4日
がんとの共生を目指す
「ネクストリボンプロジェクト2018」
に出席をした時に報告が。

その時に2017年11月に
がんが肺とリンパ節に見つかるなど
再再発したこと、

2018年1月から抗癌剤治療を
始めていることを明かし
現在は髪の毛が抜け落ちたために
ウイッグをつけていることを告白。

■おわりに

古村比呂は旦那と離婚後
一人で3人の子供を育てて
その矢先にがんが発覚。
そして2017年に再発をし、
完治したと思ったら再び再発…。

今回の再発は自覚症状が無いぐらいの
早期発見であるとのことで
仕事に関しては治療しながら
できることをやっていくとのこと。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA