熊田曜子の児童館(墨田区)へのコメントにクレームも。後日番組で言及

熊田曜子が墨田区の児童館に
ブログでコメントをしたことで
熊田曜子のSNSにクレームが…。

後日熊田曜子は番組に出演し
児童館のことについて
意図と違った報じられ方をしていると
再びコメントをしました。

今回は熊田曜子の墨田区の
児童館へのコメントと
そのクレームについてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■熊田曜子の児童館へのコメントとクレーム

熊田曜子が墨田区の児童館について
コメントを出したのは
2018年11月4日の事。

熊田曜子は大まかに
以下のようにコメントを
していました。

■児童館のスタッフから
「大人1名に付き子供2名まで」
と言われた。

■熊田曜子は子供を
3人連れてきていた。

■児童館から入室許可が出ずに
遊べると思っていた
子供たちはわけがわからない様子。

■4ヶ月の子供を抱っこしながら
上の子供たちを見ると提案し粘るも
児童館は許可を出さず。

■児童館に入れなくなるとは
思ってもいなかった。

熊田曜子の墨田区の児童館への
コメント全文は下記リンクから。


 

【スポンサーリンク】

 

■児童館のルールについて

熊田曜子が訪れた児童館には
実際に公式サイトには
以下のように記述があります。

「※初めてご利用される方は、
【メニュー】→【ご利用にあたって】
をお読みください」

「整理券1枚につき
乳幼児2名まで入室可能です」

「すくすく入場券1枚で、
お父さん・お母さん・お子さんなど、
複数の保護者の方の利用も可能です」

児童館側の説明によると
保護者が子供を見られる人数は
2人が限界だと考えているため
安全面を考慮して
ルールが決まっているとのこと。

抱っこ紐でもダメな理由は
親が自由に動けないため。
アスレチックなどがある
本格的な児童館ですし
そのようなルールにしたほうが
安全な気はします。

■熊田曜子が番組に出演し言及

熊田曜子の児童館へのコメントは
大きく取り上げられて賛否両論に。

このことについて熊田曜子は
自分の考えとは違う表現を
されているものもあるとし

2018年11月6日から7日に
「モーニングショー」
「とくダネ!」
「スッキリ!」などに出演を決意。

このことについて熊田曜子は
以下のようにコメントをしています。

「今まで児童館に10箇所ぐらいいった」
「そのまま入れるところがほとんど」
「新しいシステムは知らなかった」
「ルールに従うことは当然」

 

【スポンサーリンク】

 

■児童館や墨田区にクレームも…

熊田曜子が児童館について
コメントをした結果、
児童館や墨田区には
以下のようなクレームも
寄せられていることが明かされています。

「多くの子供がいる家庭はどうなのか」
「児童館は誰でも
利用できるのに制限は」

そのために児童館の今後について
検討をしているとも墨田区はコメント。

■おわりに

熊田曜子はブログで
確認ミスで自分が悪いと
コメントをしてはいますが
墨田区の児童館の実際の名前を
記述してしまっています。

そのために熊田曜子の文面的には
児童館を批判しているとは
思えないものの少々ひっかかるところが
ある人も多い様子。

個人的にはルールは
ルールなので特例を許すと
4人は何故ダメなのか、
5人は何故ダメなのか…と
際限なく続いてしまうので

「安全上の理由」でルールが
決まっているなら
守るべきとは思います。

ただし児童館側も
そのルールの周知はきちんと
なされていたかが疑問。
事前にチケットを受け取るシステムなので
そこに書かれていたとは思いますが…。

近くの児童館に行くからと言って
予めネットで調べる人ばかりでは
ないでしょうし、

児童館に行ってすぐに
(チケットを受け取る前に)
そのルールがわかるように
なっていなかったのなら
わかるようにしたほうが良いかと。

この熊田曜子の
児童館へのコメントの件で
人数制限がある場所もあるということは
幅広く認知されたでしょうけれど。

実際の所人数制限がない場合、
例えば一人で面倒が見きれないものの
今日はAママさんがママ友5人の子供、
明日はBママさんがママ友5人の子供を
連れてきたりとローテーションを
することも普通にありそうですしね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください