熊田曜子ショック。子供3人での児童館入室断られた件で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

熊田曜子が2018年11月4日に
自らのブログにて
ショックであったことを明かしました。

それは子供3人を連れて
ある児童館分館へ行った際に
子供3人であったために
決まりの都合上入れなかったこと。

今回は熊田曜子がショックを受けた、
子供3人を連れて
自動分館に入室できなかった
ことについて
みてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■熊田曜子の子供たち

熊田曜子は2012年7月の
「ロンドンハーツ」にて
2012年4月に旦那と結婚をしていたこと、
旦那は同い年の一般男性であること、
そして子供を妊娠していることを告白。

熊田曜子と旦那との子供は
以下の時期に生まれています。

■2012年12月
長女出産を発表。
■2015年10月
次女出産を発表。
■2018年6月
三女出産を発表。

熊田曜子の子供は上記のように
2018年6月にうまれて
三姉妹であるということになります。

■熊田曜子がショックを告白

熊田曜子がショックを受けたと
告白をしたのは2018年11月4日の
ブログでのこと。

ブログでは児童館分館の実名も
出していますが
ここでは出しません。
熊田曜子によるとショックを受けた
おおまかな経緯は以下の通りとなります。

■日曜日、旦那が仕事で
雨が降っていたので
子供3人を連れて児童館分館へ。

■遊べる人数が決められているので
事前チケットを取るシステム。

■スタッフから大人1人につき
子供2人なので入れませんと言われる。

■そんな決まりが
あったとは知らなかった
自分のミスであったため子供に謝罪。

■高架下の公演で遊んで
子供たちの機嫌も治った。

 

【スポンサーリンク】

 

■児童館分館について

今回は名前を出しませんが
熊田曜子が対応に
ショックを受けたとされる
児童館分館については
実はかなりアクティブな遊びができる場所。

小さなボールで部屋の隅が
埋め尽くされたボールプール、
室内に有るジャングルジム、
柔らかい素材で囲われている乳児コーナーなど。

■ルールについて

さて、実際にルールについて見てみますと
今回の熊田曜子のショックの件について
関連性がありそうなものを見ると
以下のように記載されています。

「※初めてご利用される方は、
【メニュー】→【ご利用にあたって】
をお読みください」

「整理券1枚につき
乳幼児2名まで入室可能です」

「すくすく入場券1枚で、
お父さん・お母さん・お子さんなど、
複数の保護者の方の利用も可能です」

2018年11月5日16:15追記

児童館分館は
利用人数の制限については
安全面の配慮であるため。

保護者の方が子供を
見られる人数は2人が限界だと
考えているとの見解。

追記おわり
 

【スポンサーリンク】

 

■おわりに

熊田曜子がショックを
受ける気持ちもわかるのですが
ルールはルールだから仕方ないという思いも。

つまりこの施設的には保護者1人で
どうにかできるのが子供2人までだと
判断しているということに。

この判断に至った経緯や是非は
この際はおいていきますが、
施設側がそのような判断をしているわけで
それに従わないと入れないというのは
妥当な判断じゃないかなぁと。

ちなみに熊田曜子がショックを受けたことを
ブログで紹介したことで
2018年11月5日10:20現在、
施設の公式サイトへの
訪問者数は以下の通り。

Today : 52645
Yesterday : 2379
Total : 77503

明らかに熊田曜子パワーで
訪問者数が凄いことになってます。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください