前原誠司が文春に北朝鮮美女とのツーショットを…。嫁との結婚後

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

山尾志桜里議員の騒動で揺れる民進党。
2017年9月1日に新代表となったばかりの前原誠司が

北朝鮮美女とのツーショットを
1999年に撮られていたことが文春により発覚。
しかも嫁との結婚後であることがわかりました。

今回は前原誠司が嫁との結婚後に
北朝鮮美女とのツーショット写真が
発覚したことについて見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■前原誠司の嫁

前原誠司の嫁の愛理さんは日刊ゲンダイによると
幼少期に香港に滞在した経験があるため
中国語も話せる人物。

創価短大卒業後にパソナの人材派遣会社に勤めており、
その時の1994年に知人に紹介されたことをきっかけに

数回のデートをして2ヶ月で結婚をしたとされ、
前原誠司の事務所スタッフとして働くなど
公私で前原誠司を支えてきていました。

ちなみにGoogleで
「前原誠司 結婚記念日」と検索をすると
1995年6月(Airi Maehara)と出てきており
日刊ゲンダイの情報とは少々ズレが。
 

【スポンサーリンク】

 

■前原誠司と北朝鮮美女のツーショットを文春が

2017年9月13日の文春オンラインによると
前原誠司は1999年6月、国会会期中に
北朝鮮を訪れて北朝鮮の観光地で
複数枚のスナップ写真を撮影。

その写真は北朝鮮美女とツーショットで
親密さを伺わせます。

前原誠司もツーショット写真について見覚えはあるとし
女性と親密な写真ではあるが
他にも沢山の人数がいたとして
ハニートラップの疑いについて質問をしても
やましいことはなにもないとの回答。

こちらの動画の0:53頃から
親密さを伺わせるツーショットを
少しだけ見ることが出来ます。

参考:文春オンライン

■おわりに

前原誠司は嫁と1994年か1995年に結婚をしており
北朝鮮美女とのツーショットが撮られたのは結婚後。

友好の証の写真撮影だとしても
女性と身体を密着させてのツーショットは
後々に弱点になりえますよね…。

特に今は北朝鮮とは慎重な対応を
迫られている時期でもありますし
この時期にこのような写真が出るのはかなりの痛手。

しかし20年近く前の写真が今更出てくるのにも疑問。
そして決定的な写真じゃないので
個人的には文春砲と言うにはちょっとパンチが弱い気もします。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA