前田健は創価学会員で地区副リーダーだった!葬儀は特殊な友人葬か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

虚血性心不全で26日に急死した前田健
そんな彼に松浦亜弥や
様々な人物からお悔やみの声が。

今回は前田健が創価学会員であることについてと
葬儀が特殊な友人葬というものに
なるかどうかについて見てみましょう。

■前田健は創価学会員だった

実は創価学会には芸術部という
創価学会員のタレント部門があります。

有名なのは久本雅美さん。
副芸術部長という肩書です。

そして前田健は地区副リーダーとして活躍。
新宿二丁目の飲み屋で雇われ店長か
店員をやっており、そこで熱心に
創価学会の勧誘をしていました。

同じく創価学会員であり親友のはなわが
前田健は来月5月頃に不整脈の手術を受けようと
していたことを明かしていましたし

前田健が創価学会員であることは
疑いようがありませんね。

■前田健の葬儀は友人葬になるか

そして宗教が違えば葬儀がちがいます。
前田健の所属する創価学会では
葬儀のことを友人葬と言います。

前田健は創価学会員ですし
友人葬となるようですね。

■友人葬とはどのようなものか

友人葬には僧侶を呼ばす、お布施をとらず
個人に戒名をつけない。
そして友人の代表が導師となるようです。

流れとしては以下のとおり。

■開式の辞
■読経・唱題
■焼香
■御祈念文・題目三唱
■弔慰文・弔電紹介
■導師挨拶
■謝辞
■題目三唱
■閉式の辞
■お別れと出棺

おおまかな流れはそこまで
特別なものではないですね。
しかし参列者全員で題目三唱が二回もあります。

この参列者全員の読経と唱題が
故人を弔う追善となるので友人葬では
僧侶が不要とされているようです。

■友人葬とその他の葬儀に関する特徴

位牌は故人の成仏とは無関係なので
葬儀が終われば処分しても問題ないとのこと。
やはり宗教が違うと考え方が
全く違って新鮮ですね。

そして墓所や納骨堂についてですが
全国に13の墓地公園
6つの長期収蔵型納骨堂
15の永久に収蔵できる
常楽納骨堂があるようです。

思ったより少ないのは
各人の日常の勤行と唱題を重視し
年忌法要をあまり重視していないから
かもしれません。

■おわりに

友人葬は個人と面識の無い人ですら
創価学会員であるというだけで
同じ地域の創価学会員が
参列することもあるようです。

前田健も友人葬で多くの人に
見送られるのでしょうか。
ご冥福をお祈りします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 学会員 より:

    少し間違いがあったので訂正します。
    無関係の人は参列しません。家族葬をする場合、友人を呼ばずに親戚のみでする場合、友人(知り合い)なども呼ぶ場合などがあります。
    同じ地域の学会員なら、だいたい顔見知りなので、友達と呼べる相手でなくても来ることがあるため、そのように伝わっているのではないかと思います。
    芸能人は芸術部ですので、学会員は芸術部のみか、幹部の人など、関わりがあった人が来ると思います。同じ地域でも普通の一般人は誘われないと思います。
    また位牌は処分どころか、元々ありません。残す必要もなければ処分する必要もないので、用意しません。
    そして前田健さんが友人葬にしたかどうかは、実際わかりません。地区リーダーだとしても信心を頑張っていたかも不明、葬儀のやり方は自由なので、前田健さんの家族が、たくさんの芸能人に来てもらうために普通の葬儀にした可能性もあります。創価学会の葬儀だと行きにくい人もいると思いますので。

コメントを残す

*

CAPTCHA