山口真帆の現在は…生出演も厳戒態勢。文春がこのタイミングで記事を出す

山口真帆が生出演をするも厳戒態勢。
NGT48を卒業してから山口真帆にとって
初めてのメディア出演ということになります。

山口真帆の現在はどうなっているのかと
注目を集めていたので
生出演を果たすも厳戒態勢。

そしてこのタイミングで文春が
山口真帆に関する記事を投稿。

今回は山口真帆の現在はどうなってるのか、
生出演も厳戒態勢であることと
文春がこのタイミングで出した
記事についてみてみましょう。


 

 

■山口真帆の現在は…

山口真帆は2019年8月27日に
TOKYO FMのスカロケにゲストとして生出演。
山口真帆がNGT48を卒業してから
メディアに出演をするのはこれが初めて。

山口真帆は白いワンボックスカーに乗って
局入りをするも駐車場の出口から入るなど
厳戒態勢が敷かれていたとの事。

更に山口真帆は通常の玄関ではなく
警備員の控室から入るなどと
厳戒態勢は徹底されていました。

そのように山口真帆が厳戒態勢ながらも
わざわざ生出演したのはマンボウやしろが縁。
今回厳戒態勢で生出演したラジオは
パーソナリティーがマンボウやしろ。

山口真帆は中学生の頃に
マンボウやしろが
「スクール・オブ・ロック」を
している時のリスナーであったため。

ちなみに山口真帆は
2019年9月17日の誕生日に
写真集「present」を発売しますが
そのためにプロテインを飲むなど
体重を5kg増量したことも暴露。
 

 

■山口真帆の現在は文春で…

山口真帆の件では色々と言われている文春。
そんな文春が山口真帆の
厳戒態勢でのラジオ生出演に合わせたのか
文春がある記事を投稿。
それは以下のような内容でした。

2019年8月27日の12:30に
山口真帆の件について
運営会社であるAKS社長の吉成夏子が
保護者会にて説明した音声を文春が入手。
音声によると吉成夏子は以下のように説明。

■会社からパワハラを受けたと
山口真帆が言ったが事実ではない。
■すぐに反論しなかったのは
それを言うと水掛け論になり
山口真帆の卒業が遅れると判断した。

■犯人グループを民事で訴えることを
山口真帆には最初から提案していた。

■山口真帆はファンと繋がっている
証拠を持っているとしたが
その証拠は渡されなかった。

■吉成夏子は被疑者の男性に
コンタクトを取った。
■被疑者の言い分は
「今回の事件は事件ではない」
「もともと繋がっていたのは山口真帆」
と語っていた。

■吉成夏子は記者会見をして
世間に発表することはない。
■全て裁判で決着をつける。

ただし山口真帆は現在は研音所属。
この吉成夏子の言い分について
山口真帆の事務所である研音は
犯人と関わりもなく、山口真帆が
「メンバーと犯人が繋がっている証拠を持っている」
と吉成夏子に話した事実は無いと否定。
 

 

■おわりに

山口真帆が生出演をして
厳戒態勢と報じられる直前、
まさに当日に文春が
この記事を投稿というのが。

普段文春は基本的には水曜日の16時頃に
文春オンラインにて、木曜日発売の
週刊文春のある程度の記事の概要を先出し。
そのため曜日も時間もある種異例なんですよね。

そのため山口真帆の研音移籍後の生出演に
あえてぶつけたのだとは思いますが…。

しかし吉成夏子の言っていることが
真実であるのなら会見で正当性を
主張した方が良いような。

自分の主張に正当性があると思うのなら
表にそれを自ら出さないと
信用回復は難しいと思うのですけれども。



コメント

タイトルとURLをコピーしました