真木よう子が抗議をしていた。コミケの件では炎上も…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2017年6月28日にドラマ「セシルのもくろみ」の
告知も兼ねてツイッターを開始したとされる真木よう子

あまりネットに慣れていないのか
なかなか強烈なキャラクターをツイッターで見せる真木よう子ですが
ツイートを元に書かれた記事に対して抗議をしていたり、

コミケをクラウドファンディングを用いて
参加表明をしたことで炎上をしたりしてしまっています。

今回はそんな真木よう子の抗議についてと
コミケの件での炎上について見てみましょう。

2017年8月29日追記

真木よう子が2017年8月29日にアカウント名を
「????騙された????」と変更し非公開設定へ。
その後アカウントを削除したものと見られています。

2017年8月31日追記

真木よう子はコミケの件で
責任者である立場であるのに
主導権を握れずに炎上してしまった事を謝罪し
フォトマガジンプロジェクト自体を中止し

返金対応をすることに決定したことを
クラウドファンディングサイトで発表しました。

追記おわり


 

【スポンサーリンク】

 

■真木よう子のツイッターアカウント

そもそも真木よう子がツイッターを開始したのは
2017年6月28日にドラマ「セシルのもくろみ」の
開始に合わせてだとされています。

ツイッターに不慣れながらも
ネットスラング等を使いなんともキャラが濃い印象。

■真木よう子の抗議

そんな中、2017年8月20日には
真木よう子が視聴率をツイッターで公表し
フジ幹部が謝罪という記事がネットニュースに載ります。
内容としては以下の通り。

視聴率はビデオリサーチ社の資産。
しかし真木よう子が視聴率3.8%なので
ぜひドラマを見てくださいと
断りもなく個人のツイッターでツイートするも

ビデオリサーチ調べという表記もなく
ドラマを見てと誘導をしている。
この誘導は営業妨害や権利侵害だと言われたら負ける。
このツイートは1時間もしないうちに削除された。

フジテレビの構成幹部が
ビデオリサーチ社本部まで訪れ謝罪をしていた。

しかしこの記事に対して真木よう子は
以下のように抗議をしています。

実際の所前述の記事にあった
真木よう子が視聴率を掲載したツイートというのは
視聴率の書かれている記事を引用したこちらのツイートを
元に記事を書いたのでは、と推測されています。

ツイッター慣れをしていないのか
少々変則的な引用ではありますが

リンクを踏んで記事を見ると
3.8%という視聴率は本文にあり、
きちんとビデオリサーチ調べと書いています。
 

【スポンサーリンク】

 

■真木よう子のコミケ炎上

真木よう子は2017年8月25日に
クラウドファンディングで
「真木よう子 フォトマガジン出版プロジェクト」を開始。

出版社を介さずに真木よう子個人で
フォトマガジンを制作し、ファンと共に作り上げ
2017年のコミケで販売をするというプロジェクト。

しかしコミケというのは基本的に自費出版で
同じものを好きな人と
交流をするというのが大前提の場は
営利を優先しすぎる人には厳しい場所。

クラウドファンディングで資金集めをするという行為は
あまりコミケ参加者には受け入れられずに炎上。

出版社を通さずに真木よう子の本を作りたいのなら
それこそ基本的に主旨の違うコミケである必要は
ないのでは、とされていました。

そうして真木よう子は
2017年8月28日に以下のようにコミケ炎上を謝罪しています。

コミケを選んだ理由は
事務所に所属していると
規制が入ってしまい、ファンに
自分が良いと思う姿を出せない。

女優という職業は事務所の方針もあり
ファンクラブを作ることはできず
ファンイベントを個別に別の場所ですることはできなかった。

そのためコミケという場所を知り
応募しようと思った。

しかしコミケのルールやマナー等を
一切勉強せず安易な気持ちで応募してしまった。
全ては私の責任で深く謝罪を申し上げます。

クラウドファンディングで作り上げたフォトマガジンは
コミケではなく支援者に届くようにしたい。

参考:真木よう子、フォトマガジン出版プロジェクト。
 

【スポンサーリンク】

 

■叶姉妹のコミケは何故炎上しなかったか

コミケに参加した有名人というと
最近話題になったのは叶姉妹。

2016年7月には叶姉妹はジョジョっぽいと話題になり、
実際に叶美香はジョジョが好きであると明かしており
かなり踏み込んだ内容も語っており
ジョジョ好きと認知されました。

そして2016年冬のコミケには叶姉妹はコミケに一般参加。
2017年夏のコミケにはサークルとして参加をしています。

つまり叶姉妹は以下のように
1年かけてコミケに参加してもおかしくない下地を作ってきました。
これが意図してなのかたまたまなのかは不明ですけど。

2016年夏:ジョジョ好きを表明
2016年冬:コミケ一般参加(ジョジョスペース降臨)
2017年夏:コミケにサークル参加

叶姉妹と対比して考えると真木よう子は
2017年8月12日にコミケの会場を見て
2017年8月25日に2017年冬のコミケの参加を発表なので
性急過ぎた感じは否めない。


 

【スポンサーリンク】

 

■おわりに

真木よう子がコミケで炎上した理由は
やはり大きく分けて
コミケでやる意味がわからない事と
クラウドファンディングで自費出版ではないためでしょうか。

もし真木よう子のフォトマガジンが
コスプレしかしません、ならコミケでやる意味はあったと思います。

しかしクラウドファンディングに関しては
それをするならコミケじゃない方が
良いと言われると何も言い返せない。

なんでしょうね、自転車のレースなのに
バイクで参加されるような、
一人だけスペックが違いすぎる感じというか。

事務所がクラウドファンディングを許可しているのなら
集めたお金で小さめの会場を貸し切って
ファンイベント開催のほうが
よっぽど有意義だとは思います。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA