【動画】松居一代の離婚会見が母親に電話をしたりと見所が凄い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

松居一代が船越英一郎とついに離婚成立。
裁判にまでは発展せず、
双方が合意して離婚調停2回で
決着がつきました。

さてその松居一代の離婚会見ですが
母親に生電話したりと
なんだかこう、見所がものすごくあります。

今回はそんな松居一代の離婚会見の
母親に電話をした場所なりの
見所を見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 


■松居一代の離婚成立まで

まず松居一代が離婚に至るまでの
経緯についてざっと見てみましょう。

2017年6月27日:松居一代が
船越英一郎に対してブログで
不可思議な記事を投稿開始。

2017年6月28日:船越英一郎が
裁判所に松居一代のDVを理由とし
離婚調停申立書を提出。

2017年9月4日:離婚調停1回目。

2017年12月13日:離婚調停2回目。

2017年12月14日:離婚調停の末
離婚が成立したと報じられる。

2017年12月15日:松居一代が
離婚会見を開く。

離婚調停では決着がつかず
離婚裁判にまで発展すると
思われていたものの
年内に決着がつくという
ある意味意外な展開になっています。

■松居一代の離婚会見

まず松居一代の
離婚会見の動画はこちら。
約35分と長いので
個人的な見所を後に抜粋します。

離婚会見の場所は、
リッツカールトンホテル。
マグノリア ガーデンルーム。
2017年12月15日の8:30~9:00。

本来は2017年12月16日まで
離婚調停の結果は
他言無用とされていましたが
ホリプロから発表があったため
急遽離婚会見を開いたと説明。

 

【スポンサーリンク】

 


■個人的な見所

■4:20~
松居一代「離婚が成立しました!」
「やりました!」
記者(?)「おめでとう!」
松居一代「ありがとう!」

超ハイテンション。

■13:13~
松居一代「財産分与はございません」
「建物は船越さんが1/5、私が4/5」
「船越さんの分を私が好意で買い取った」

■14:10~
松居一代「謝罪については身近な人」
「別の世界の人、別の星の人」
「真っ赤な赤の他人様と思っている」
「謝罪は私の中では必要なくなりました」
「私は未来しかむかっていないんです」

「私の中で1番守らなければ
いけないものはただ1つでした」
「財産分与です」

■15:30~
記者「船越さんにかける言葉は?」
松居一代「かける言葉?」
「何一つありません」
「大っ嫌いです」

■16:50~
記者「動画サイトの動画について」
松居一代「あれはあれで私の大事な人生」
「39年の芸能生活を投げ打った」
「必要だったと思っています」

■24:10~
松居一代「1つお願いがあるんです」
「どなたにも連絡していない」
「うちの両親に電話したいと思う」
「いいですか?」

■25:20~
松居一代が電話開始。

「お母ちゃん」(涙ぐみ)
「お母ちゃん、良かった」
「離婚できたから」
「本当に良かった」
「本当に神様に感謝してる」
「今始めて言えたから」
「またね、ありがとう」

「(母親も)泣いてました」
「見てるよって言ってました」

■30:10~
記者「船越さんのパスポートは返された?」
松居一代「そういう細かい事はこれから」

■おわりに

松居一代の離婚会見は中々に凄い。
序盤は特に、後半もですが
記者の質問に対する答えが
噛み合わない感があります。

個人的には予め喋ることを
決めていた、という印象。

そもそも松居一代は
当初は謝罪を求めていたはずですが
財産分与なしで離婚となると
船越英一郎の希望通り。

しかし松居一代の希望が
通ったかのようなお祝いモードで
かなり違和感がある離婚会見でした。

そして松居一代には
これからはもう一つの戦い、
ホリプロとの名誉毀損の裁判が
待っているとされています。
そちらも案外あっさり終わるんでしょうか。
 

【スポンサーリンク】

 






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください