関口メンディー、始球式で133キロ(動画あり)。実は元高校球児

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

GENERATIONSのメンバーである
関口メンディーがプロ野球交流戦
「巨人-楽天」の始球式にて
133キロの速球を記録。

実は元々高校球児であり
始球式のために少し
準備をしていたという。

今回はそんな関口メンディーの
133キロを記録した始球式の
動画や画像について
みてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■関口メンディーは元高校球児

関口メンディーは元高校球児。
6歳から郁文館中学校、
高等学校の3年生まで
ずっと野球をしており
高校時代は主に三塁手。

「イチロー」を尊敬する選手だと
2016年6月17日に「スポナビライフ」の
CM発表会にて明かしています。

また、2017年1月1日に行われた
「究極の男は誰だ!?
最強スポーツ男子元日頂上決戦!」に
出演をして見事3度目の
総合優勝を飾っています。

ちなみに2018年1月1日からは
総合優勝という仕組み自体がなくなり
歴代総合優勝の最多記録は
関口メンディーと佐野岳の3回が
不動となりました。

また、少々時間軸を戻しますが
2014年7月30日に関口メンディーは
バイキングに出演。

2013年リトルリーグの
世界チャンピオンである
武蔵府中リトルリーグと
速球三本勝負をしました。

ピッチャーの山村孝嘉は
104キロ、107キロ、104キロ。
関口メンディーは1球目に
131キロの速球を出して容赦なく完勝。
 

【スポンサーリンク】

 

■始球式で更に速く133キロをマーク

関口メンディーの
ユニフォーム姿は
上記インスタ画像の2,3枚目。

2枚目のフォーム、
3枚めの着こなしを見ると
外国人助っ人選手だと言われても
違和感がまったくないレベル。

そんな関口メンディーは
2018年6月5日の
巨人-楽天交流戦にて
人生初の始球式に挑戦。

実は始球式の2週間前から
本格的に肩を作ってからの投球。
関口メンディーの
133キロの動画はこちら。

これは2005年の始球式で
室伏広治が記録した131キロを
超えるという快挙。

とはいえ関口メンディー的には
140キロが目標だったので
70点だとしています。
 

【スポンサーリンク】

 

■おわりに

関口メンディーが始球式で
133キロを出したのは
ものすごい。

関口メンディーはこれから
始球式に何度も呼ばれて
そのうち140キロを
達成しそうではあります。

しかし野球経験が無く、速球には
不向きなフォームにもかかわらず
身体能力だけで131キロを
始球式で出した室伏広治の凄さも
改めて再確認されたとも言えますが。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.