森公美子の夫は現在も事故の後遺症が…。介護を献身的にしていた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

オペラ歌手として、そして
タレントとしても活動をしている森公美子

夫は過去の事故の後遺症で
一時寝たきりとなり介護が必要になるも
森公美子は現在も献身的に介護をしており
辛いと思った事は一度も
ないとまで語っています。

今回はそんな森公美子の夫と
後遺症が出来てしまった事故、
そして現在も介護をしている
森公美子についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 


■森公美子の夫

森公美子と夫が出会ったのは
1987年、舞台の稽古中。

夫の方から森公美子にアプローチをし
次第に交際に発展。
交際から14年経過した
2001年に結婚をしています。

■森公美子の夫が事故で障害を…

しかし2006年8月13日に
森公美子の夫が深夜に
コンビニに出かけた所
交通事故に遭い、頭を強く打つ重傷。

深刻な状態であり脳神経外科の
ICUに入り、2006年8月15日には
一般病棟に移ります。

しかし半身麻痺の障害が残り、
手を動かすのもやっとで
記憶や言語にも障害が残ってしまったため
介護が必要な生活に。

そして森公美子は
事故で障害が残り、
車椅子生活になった夫のため
自宅をバリアフリーに改修。

森公美子自身も多忙ながらも
ヘルパー養成の通信講座で
介護について学びます。
 

【スポンサーリンク】

 


■森公美子の介護生活

森公美子はそのように、
最初は夫の介護は全て
自分がやるとしていましたが
公的な支援が受けられることを知り

「人に頼めることは
頼んだほうが良い」と考えが変化し、
無理をするのをやめたという。

最初は人を頼ることに抵抗があったものの
現在では皆と関わって生きるとは
そういうことだと思っているとの事。

そうして人に助けてもらい、
出来た時間が余裕で
森公美子にしか出来ないことを
精一杯やらなければと考え

現在もオペラ歌手、タレントとして
精力的に活動をしている
という事になります。

現在では森公美子は
夫が「自分で行くよ」と言った時に
「良かった、手が疲れてたの」と
笑い合えるぐらいの
関係にまでなっています。

また、2016年5月には
現在の夫の状態について
5メートルほどを歩くのに
5分くらいかかるため

時々マンションの廊下で
歩行練習もしているとのこと。

■おわりに

森公美子は2016年10月4日更新の
ブログにて夫と美容院に行ったことを報告。

その少し前の2016年9月22日にも
夫と共に行きつけのお寿司屋に行き
夫が自分で「穴子!」「中トロ」と
リハビリも兼ねて自分で
注文をしていることを明かしています。

森公美子は現在も夫の介護について
人に頼る部分はあるものの
基本的には献身的に
介護をしているのが伺えます。
 

【スポンサーリンク】

 






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください