森口博子の結婚できない理由は仕事をセーブしたくないためだった

1985年にガンダムのOP曲、
「水の星へ愛をこめて」で
歌手としてデビューをし、

1991年にもやはりガンダムの主題歌で
ロングヒットを記録した森口博子

結婚をしていませんが、
結婚できない理由として
仕事をセーブしたく
なかったためだと明かしました。

今回は森口博子の
結婚できない理由について
みてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■森口博子について

名前:森口博子(もりぐち ひろこ)
生年月日:1968年6月13日
出身:福岡県福岡市

森口博子は4歳の頃から
歌手に憧れて、1985年8月に
「機動戦士Zガンダム」の二期OP曲
「水の星へ愛を込めて」でデビュー。

しかし当時デビューしてからすぐに
事務所からリストラ宣告。
せっかくデビューをしたため

何でもするとして事務所に食いつき、
結果として「雄のロバを口説きに行く」
という仕事などバラエティ番組に
積極的に出るように。

そして最終的にバラエティで
森口博子という名前を知ってもらい
歌番組に呼んで貰えるようになり

1991年に劇場版
「機動戦士ガンダムF91」の
主題歌「ETERNAL WIND
〜ほほえみは光る風の中〜」
でロングヒットを記録し、

1991年から1996円の
NHK紅白歌合戦に6回連続で出場。
現在もデビュー曲には思い入れが。

 

【スポンサーリンク】

 

■森口博子の結婚できない理由

森口博子は1968年6月生まれであり、
2018年で50歳に。
しかし現在は結婚しておらず。

結婚できない理由として
以下のような理由を上げています。

■どこでも泊湯。
お酒が飲めないため
飲み会でも泊湯を飲む。

■潔癖症。
外出先の便座は座れないので
腰を浮かせる。
スリッパも履けないので
靴下を持ち込む。

■仕事が最優先。
プロポーズされたことも
あったものの

仕事のセーブを打診され
最終的には結婚に至らず。

森口博子の結婚できない
理由としてはやはり
最後の仕事が最優先
というのが大きそう。

過去に交際していた男性も
プロポーズをしてくれて、
最初は仕事についても
応援をしてくれたものの、

話を合わせていくと
森口博子が仕事を辞めるか、
仕事を抑えないと
いけないという話に。

森口博子は4歳の頃から
歌手として活動をしたく、
現在もクリスマスでも、

デートするよりは
ディナーショーで詠う方が好きなほど
歌手という仕事が大好き。
そのため結婚できないとしています。
 

【スポンサーリンク】

 

■好みの男性像が変わってきた

結婚できない理由を
明かした森口博子ですが、
若い頃と最近では
好みの男性が変わってきたことを
明かしています。

若い頃は寡黙で
セクシーな人が好きでしたが
最近は一緒に居て落ち着ける人。
ご飯を美味しそうに食べてくれる人が
好きであるとのこと。

■おわりに

ちなみに森口博子の芸名は、
実は2017年7月になくなった
作曲家の平尾昌晃が名付け親。

NHKの勝ち抜き歌謡天国で
素人と作曲家がペアを組んで
勝ち抜いていくという歌番組で
平尾昌晃と出会ったという。

そのため森口博子のデビュー時に
縁があった平尾昌晃に
芸名を付けてもらったという経緯。

しかし森口博子は
結婚をしたら21年前の
「どこへいくカッパくん」という
本を一緒に呼んだり、

ドラマ「24」を
旦那と一緒に見たいと
具体的に上げています。

もしかしたらいい人が
現在いるのでしょうか。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください