モト冬樹、スズメを保護して8ヶ月の時間差で東京都から通知が届く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

タレントのモト冬樹
自宅でスズメの「ちゅんちゅん」を
保護して育てていることが
本来は許可されていない
ものであるとして

東京都から通知が
届いたことを明かしました。
モト冬樹の妻がスズメを
2017年6月に保護したと
ブログに書いてから

スズメのちゅんちゅんは
モト冬樹のブログに頻繁に登場。

そして東京都からは
何故か2018年3月ごろに
スズメの飼育に関する通知が
来た事が明かされています。

今回はモト冬樹と
スズメについてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■モト冬樹とスズメの出会い

モト冬樹とスズメの出会いは
妻のミセスモデル武東由美の
行動がきっかけ。

2017年6月24日のブログで
モト冬樹の妻が
カラスに囲まれていた、
生ごまもないスズメを
助けた事が発端。

1時間半ごとに
スズメの口を押し開けて
餌をあげなければいけない事を
モト冬樹がブログで明かしています

■東京都に相談を

モト冬樹は2017年6月26日の
ブログにて、東京都の
環境局自然環境部に
相談をしたことを明かしています。

対応を相談すると
本来は飼育しては
いけないことを明かされ
以下のような対応を
するといいのでは、と言われたとの事。

保護した場所に
巣のような物を作り
スズメを放置。

親が見つけて餌を
もってきてくれるのではないか。

また、動物園にも
聞いてみた結果、
その動物園のある
県の人でなくては駄目で
東京都にはそのような施設は
ないとのこと。

そのため預かってくれるところを
探しながらスズメを
保護することを明かしています。

そしてそれ以降もモト冬樹は
スズメに関するブログを
1週間に1回は更新するように。
 

【スポンサーリンク】

 

■モト冬樹に東京都から通知が

そして2018年3月頃に
モト冬樹の元へ、東京都から
スズメを飼うのは
本来は許可されていないと
通知が来たことを明らかにしています。

モト冬樹はブログにてスズメを
保護していることを
オープンにしていたため
ブログを見た人が通報されたことも
あったとしています。

モト冬樹はスズメを
飼ってはいけないというのは
法律上は正当なことではあるけれど、

今スズメを放せば
しんでしまうのが分かっていて
離すのはおかしいと語っています。

とはいえ法律だから
なんとか対応しなきゃ
いけないというのもわかっているため

諦めるしか無いのかもしれないと
2018年3月13日の
「グッド!モーニング」にて
悲しげに語ってもいます。
 

【スポンサーリンク】

 

■おわりに

こういうケースは難しい。
モト冬樹に悪意は
全くないでしょうけれど

例外を認めると法律自体が
成り立たなくなりますしね。

法律は冷たいと言われても
モト冬樹のような有名人が
ブログにスズメのことを

上げているのなら
役所としても動かなくては
いけないでしょうし。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください