中嶋しゅう(鷲尾真知子の夫)が寺島しのぶ主演舞台で転落、なくなっていた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

寺島しのぶ主演の舞台「アザー・デザート・シティーズ」で
ヒロインを演じる寺島しのぶの父親役を演じていた中嶋しゅうが
舞台から転落してしまいなくなっていたことが発表されました。

中嶋しゅうは本人もベテラン俳優で
ベテラン女優である鷲尾真知子の夫でもあります。

今回は鷲尾真知子の夫である
中嶋しゅうについてと
転落してなくなってしまった事についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■中嶋しゅうについて

名前:中嶋しゅう(なかじま しゅう)
生年月日:1948年4月18日
出身:東京都

中嶋しゅうは1977年に劇団NLTに入団をして
1989年に退団をし、その後は
映画や舞台を中心に活躍をしている俳優。

2010年には第45回紀伊國屋演劇賞で
個人賞を受賞しています。

中嶋しゅうは若い頃は
観客は的だと思っていたものの
今は楽しませるために出ていくとという
気持ちに変わったとインタビューに答えており

実際に稽古ををどんなに長くしても
お客さんの前でやって初めてわかることも多く
初めて見たものは心に残るため
初めてのお客さんに会うと思って毎日仕事をしているという。

ちなみにあがり症で、
舞台の袖に30分くらい前に行って覚悟を決めないと
芝居ができないと語っています。

書き初めが好きであり、毎年字を書いて
一年中部屋に貼っていることを
鷲尾真知子はテレビ番組で明かしたことも。

中嶋しゅうの最近のインタビューはこちら。

■中嶋しゅうは鷲尾真知子の夫で長い間事実婚

また、中嶋しゅうは鷲尾真知子の夫。
劇団NLTで二人は出会い、1978年頃から交際をスタートし
事実婚状態が25年近く続いたという。
2003~2004年ごろに結婚をしています。

長い間事実状態であったのは
交際していたのが若い劇団員時代であり
結婚によってお互いの負担になるのを嫌ったため。

しかし互いの親族の不幸が重なり
生命保険の受取人を考慮して結婚に至ったという。
とはいえ結婚して鷲尾真知子の夫となっても
2人の関係性は変わらず。
 

【スポンサーリンク】

 

■中嶋しゅうが寺島しのぶ主演の舞台で事故

中嶋しゅうは2017年7月6日
東京芸術劇場シアターイーストで初日を迎えた
寺島しのぶ主演の舞台「アザー・デザート・シティーズ」で
寺島しのぶの父親役を演じていましたが

公演は2幕で2時間半の予定。
19時開演で約90分間の1幕上演中の終盤中、
およそ1時間ほど経過した20時10分ごろに

舞台中央の客席にせり出した場所で
座った状態から立ち上がる最中に前のめりになってしまい
舞台からおよそ75センチ下の客席に落下。

中嶋しゅうの様子をみた寺島しのぶが
スタッフに公演中止及び救急車を呼ぶように支持し
心臓マッサージをして病院に搬送されたものの
22時になくなったことが確認されました。

妻である鷲尾真知子は2017年7月7日に
初日を迎える舞台「ふるあめりかに袖はぬらさじ」の
稽古に参加をしていましたが
20時の終了後に知らせを受けて病院へと向かったとのこと。

2017年7月7日18:10追記

検視の結果、急性大動脈解離が
なくなった原因であるとのことです。

追記終わり

■おわりに

中嶋しゅうが事故でなくなった事を受け、
主催の梅田芸術劇場は現在は
2017年7月7日から9日までの公演の中止を発表。

舞台自体は東京芸術劇場シアターウエストでは26日まで、
梅田芸術劇場では29日から31日の予定であったため
今後については近日中に告知をすると発表しています。

しかし鷲尾真知子も本日2017年7月7日に
東京・日本橋浜町の明治座で

開幕する前述の舞台がありますが
大丈夫なのでしょうか。
個人的には無理をせず休演の方が良いかとは思いますが…。

2017年7月7日7:30追記

鷲尾真知子は夫、中嶋しゅうの
事故についてコメントをしています。

中嶋しゅうと鷲尾真知子は
1日違いで開幕する舞台があったために
お互いに励まし合いながら毎日稽古をして
数週間を共に過ごしていたので

公演初日から千秋楽まで
無事に務め上げることに集中したいし、
中嶋しゅうもそれを願っていると思っているとして
舞台を休むことはないとしています。

追記終わり

 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA