仲本工事は嫁の三代純歌と居酒屋を現在経営!場所は目黒区。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ザ・ドリフターズの仲本工事は
現在は嫁の三代純歌と共に
居酒屋を経営しています。

場所は目黒区であり、
名前も「仲本家JUNKAの台所」
と仲本工事、三代純歌2人の
名前からきているという。

今回はそんな仲本工事の
嫁との結婚についてと
現在経営している
居酒屋についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■仲本工事と嫁の結婚

仲本工事は1976年2月に最初の嫁、
紀子さんと結婚。

しかし1982年に心不全でなくなり、
1991年に友人の紹介で
二人目の嫁、24歳年下の
美恵さんと結婚。

美恵さんには当時2歳の
長女もいて養子縁組、
美恵さんとの間には二女、
長男も誕生して3人の子供の父親に。

2006年には仲本工事は
二人目の嫁の美恵さんと
2004年に離婚していたことを発表。
離婚理由は二人の間に
ズレが生じたため。

そして2011年9月には週刊文春により
仲本工事は27歳年下の
演歌歌手・三代純歌と交際が発覚。
2012年7月には結婚を発表しています。

■嫁の三代純歌について

三代 純歌さんの投稿 2015年10月25日(日)

名前:三代純歌(みだい じゅんか)
別名義:純歌(じゅんか)
生年月日:1968年2月29日
出身:高地県

仲本工事と3人目の嫁となる
三代純歌の出会いは2006年。

三代純歌はテレビやラジオで
リポーターとして活動をした後
2003年に「ごめんね」歌手デビュー。

仲本工事は三代純歌の歌声を聞いて
2006年からプロデュースをし、
2006年6月に仲本工事が
作詞編曲を担当したシングル
「恋待ちつぼみ」をリリース。

2008年には仲本工事と
三代純歌はデュエットで
「この街で」を発表。

2013年にも
「持病の歌~ぼくには夢がある
希望がある~」を発表してますが
これまた仲本工事と
三代純歌のデュエット曲。
 

【スポンサーリンク】

 

■仲本工事と三代純歌の居酒屋と場所

そんな仲本工事と
現在の嫁である三代純歌は
2015年11月2日に居酒屋をオープン。
場所は目黒区で地図ですとこちら。

営業時間は18時から24時であり
8時だョ!ということでは
ないようです。

居酒屋の料理は全て嫁の
三代純歌の手作りであり健康志向。

実は三代純歌、
仲本工事と結婚する前は地元の高地県で
焼き鳥店や居酒屋やカラオケ、
クラブなど様々な事をしていた人物。

野菜も地元高地から
送ってもらったものを
使っているという。

ちなみに2017年3月15日には
「志村けんのだいじょうぶだぁ」で
12年ぶりにザ・ドリフターズの
メンバーが集って現在の状況を報告。

仲本工事はお酒を飲まないし
鶏肉も食べられないのに
居酒屋を経営して
焼き鳥も出していることを
イジられていました。

■おわりに

仲本工事の嫁の三代純歌は
2015年10月には
「有吉反省会」に出演。

その時の反省内容は
仲本工事に内緒でSNSに
セクシー画像を掲載していること。

その理由は仲本工事に
褒めてもらえないものの
SNSに画像を掲載して褒められることで
自分はまだ大丈夫と認識したいがため。

ちなみにこの時の三代純歌の禊は
仲本工事と同じ格好に
変身というものでした。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.