中園ミホは息子を未婚で出産し夫はおらず。占い師が前職

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

NHKの朝ドラ「花子とアン」や
「ドクターX」「西郷どん」
などの脚本を務める
ヒットメーカーの中園ミホ

実は息子を未婚で出産しており
夫はいない独身です。

実は前職が占い師であったりと
中園ミホの人生は波乱万丈。
今回はそんな中園ミホと
息子について、そして
前職の占い師についてもみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■中園ミホは前職が占い師

名前:中園ミホ(なかぞの みほ)
生年月日:1959年7月16日
出身:東京都中野区

中園ミホは実は小学生の時に父を、
大学生の時に母をなくしています。
中園ミホは最初は著書によると
コネで広告代理店に入り
OLとして仕事をしていました。

しかし中園ミホは当初は
FAXが扱えないなど仕事が出来ず。
その時の心の支えが
昼休みに放送されていた徹子の部屋。

勤務時間中にも見るほど好きで
中園ミホは1年3ヶ月でOLを辞め、

14歳の頃から母親の友人である
著名な占い師から
四柱推命と数気学を
教わっていたために占いを生業に。

占い師をしていた時に
政治家がよく悩みを相談しに来て
その時の人間観察が
脚本家として貴重な経験になったという。

ちなみにもともとは
中園美保であったものの
占い師であったことから
画数の良い中園ミホに
改名をしたとされています。
 

【スポンサーリンク】

 

■脚本家へのきっかけ

中園ミホは占い師として
活動をしていましたが、
20代半ばで失恋。

その相手が脚本家であり、
脚本家になればあえるのかと思い
2年後には脚本家へ。

ちなみにその脚本家とは
会えたもののドン引きされたという。

■息子を夫なしの未婚で出産

中園ミホは34歳の時に息子を出産。
夫はおらず認知もされませんでした。
息子が産まれるまでは
中園ミホはどこか気合の
入っていない脚本家であり、

連続ドラマの仕事が入っても
断ってしまいチャンスを
潰してしまっていました。

しかし息子がうまれ、息子と
目が合った瞬間に
「自分は生まれてきたけど大丈夫?」
と言われたような気がしたために

今まで断ったような、
連続ドラマのような仕事も
依頼があったらなんでも受けるように。

息子の誕生が本当の意味での
脚本家・中園ミホの誕生と
同時であったのかもしれません。
 

【スポンサーリンク】

 

■息子について

中園ミホの息子は中園周作。
実は2016年9月2日放送の
アナザースカイにて共演。

中園ミホは息子と共に
フランス北西部のエトルタを
訪れています。

その際に中園ミホの息子は
中園ミホは普段は
感情をコントロール出来ない人物であると
明かしています。

また、中園ミホの息子は
実は中園ミホがテレビに
出演するのは基本的に反対。

しかしアナザースカイについては
中園ミホの息子が好きな番組であるため
当初は出演を断る予定であったものの
出演すると決まったという。

息子は中園ミホをいずれは逆に、
息子がメインで中園ミホをゲストとして
母親を何処かへ連れていけるような
人物になりたいとも語っています。

■おわりに

ちなみに中園ミホは息子のことを
アナザースカイでも、
2016年7月1日に放送された
「徹子の部屋」でも

「私を変えてくれた
最初で最後の男」
であるとしています。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください