ナスDは森崎友紀が嫁の可能性が高い!なぜ黒いかの理由が凄い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

黒い染料「ウィト」を体中に塗りたくり
真っ黒になってナスDとまで言われるようになった
破天荒な言動の友寄隆英ディレクター。

実はそんなナスDの嫁は
料理研究家である森崎友紀の可能性が高いと言われています。
今回はそんなナスDがなぜ黒いのかのおさらいと
森崎友紀の旦那である可能性についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■ナスDについて

名前:友寄隆英(ともより たかひで)
出身:兵庫県

ナスDこと友寄隆英は
19歳の頃からADとしてバイトを始めており
フリーディレクターとなり2003年にテレビ朝日に入社。

2010年には36歳の若さで
ゼネラルプロデューサーとなっています。

その時には「いきなり!黄金伝説」「ぷっすま」
「よゐこの無人島0円生活」
などを担当しておりかなりの実力者。

そんなナスDの担当番組では
ケーキを100個食べるという企画や

都内の50の坂を走破するという企画をしたときにも
自分自身が率先してやってみてシミュレーションをする
体当たり派の人物。
 

【スポンサーリンク】

 

■友寄隆英がナスDになったワケ

友寄隆英は黒くなったからナスDとなりました。
では何故黒いのかというと

2017年5月に放送された
「陸海空 こんな時間に地球征服するなんて」
というリアル冒険バラエティー番組で

ウィトという、現地ではタトゥーに使うほど
強烈な染料を美容に良いと言われて
全身に塗りたくってしまったため。
普通の友寄隆英の画像はこちら。

黒くなってナスDに覚醒(?)した姿はこちら。

動画(一瞬だけ)だとこちらとなります。

ちなみにナスDとなった友寄隆英は
貨物客船に乗るために
パスポートを見せても黒すぎるため
別人だと言われてしまいます。

必死に10分ほど説明と交渉した結果
「客室内をウロウロしない」「屋上で寝泊まり」という
2つの条件を守れば乗れるということに。
 

【スポンサーリンク】

 

■ナスDの嫁は森崎友紀の可能性も

そしてそんなナスDの嫁は
料理研究家である森崎友紀の可能性が急浮上。

森崎友紀は2016年1月15日に
2015年12月に結婚していた事と妊娠を発表。

旦那となる男性は41歳で
2012年春に仕事を通じて出会い
交際に発展したとされています。

ナスDは2010年に36歳であり
2016年1月時点で41歳であっても
年齢的にはおかしくありません。

また、2012年2月には
森崎友紀はナスDがゼネラルプロデューサーの
「いきなり!黄金伝説」に出演をしていますので
仕事を通じて出会ったとしても時期が一致。

そうして森崎友紀はブログで
2016年12月に旦那が仕事で

秘境の地アマゾンに向かうとし
リュックを背負っている旦那の姿を公開していますが
ナスDのリュックと一致をしていました。

このことからナスDの嫁は
森崎友紀の可能性が
非常に高いとされています。

■おわりに

そんな何故黒いのかと突如として話題になり
もはや番組主役級のナスDですが

番組の公式インスタでは
テレビ未公開の動画なども多々公開されています。
未公開というよりは編集前という感じ。
こちらはナスDの貴重な不機嫌シーン。

ナスDの黒さはそのうち治るのかが気になる所。
ナスDの写真を毎日同じ構図・同じ場所で取って

黒さはどうやったら治るのかで
番組がもう一つぐらい作れそうではあります。
そこまでナスDは表に出たいかは不明ですけれど。

 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA