夏目雄大がツイッター炎上で事務所が謝罪。過去にメンヘラ役を演じたが…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2.5次元俳優として活躍をしている
モデル、俳優の夏目雄大

2018年5月にツイッターでの
過去の過激な発言が掘り起こされ炎上。
事務所は夏目雄大の
ツイッター炎上騒動を謝罪しています。

夏目雄大は過去に
「女性を否定しまくるメンヘラ俳優」
という役でAbemaTVに
出演をしていましたが

ツイッターの発言が
本当に夏目雄大本人なら
あながち否定できないほどの炎上に。

今回は夏目雄大の
ツイッター炎上騒動と
事務所の謝罪について
みてみましょう。

2018年5月19日追記

芸能事務所オムニアは
夏目雄大のツイッター炎上を
確認し、不適切な投稿が
あったことを認めました。

そのため夏目雄大との
契約を解除したことを
2018年5月18日に発表。

前日の2018年5月17日には
舞台【BattleButler】も
降板が決定しています。

追記おわり


 

【スポンサーリンク】

 

■夏目雄大について

名前:夏目雄大(なつめ ゆうだい)
生年月日:1996年9月22日
出身:東京都

夏目雄大は姉が3人存在。
芸能界でビューのきっかけは
高校2年生の時に原宿に
行った時のスカウト。

高校時代は学生としての活動を優先し
大学に通いながら
俳優としての活動を本格的に開始。

就職をするか迷ったものの
2017年1月に舞台デビューをし、
その半年後に「あんさんぶるスターズ」
の話をもらったため

内定とどちらを取るか悩みつつも
そちらの世界に進みたいと決意。

ちなみに超インドア派であり
特技は妄想であるともしています。
 

【スポンサーリンク】

 

■夏目雄大のツイッター炎上

夏目雄大のツイッター炎上は
2018年5月頃に始まりました。

2013年頃に夏目雄大は
ツイッターにて
「ぶすに人権はない」
「妊婦さんに膝カックン」
など過激な発言をしていたことが

スクリーンショットを撮っていた
ファンによって拡散され炎上。

特に妊婦さんに対しては
書くのすら嫌なレベルも多く存在。
特定の人種を見下すような
ツイートも見受けられました。

ただし本当に炎上したツイッターは
夏目雄大のものかは疑問の声。

2018年5月16日現在、
夏目雄大の所属事務所の
プロフィールページから飛べる
ブログ、ツイッター、インスタは
全て削除されています。

ただし事務所のページからは
飛べないものの、
本人のものと思われる
ツイッターアカウントは

2018年4月18日の
下記のツイートを
最後にツイートはせず。

2018年5月5日の
あんさんぶるスターズの
ツイートをリツイートはしていますが
それ以降は動きはありません。
 

【スポンサーリンク】

 

■事務所がツイッター炎上を謝罪

そうして夏目雄大の
ツイッターアカウントが
炎上してから暫くたった

2018年5月12日に
事務所はその事を謝罪。
指導の徹底と再発防止を
実施するとしています。

ただし夏目雄大の
ツイッター炎上の内容については
現在調査中とのこと。

■過去にメンヘラ役で出演も

夏目雄大は
2017年4月11日にAbemaTVの
「指原莉乃&ブラマヨの
恋するサイテー男総選挙」
の初回放送に出演。

この番組は「サイテー男」10人を集め
悪い男にひっかからないよう
学んでいくというなんとも特殊な番組。

この時に夏目雄大は
「女性を否定しまくるメンヘラ俳優」
という紹介で登場しました。

夏目雄大はその時にメンヘラについて
以下のように語っています。

「自分では自覚ないんですけど
情緒不安定と言うか」

ちなみに司会の指原莉乃は
「顔がそんな感じする」と
夏目雄大がメンヘラ俳優と
言われてる事に同意をしていました。

■おわりに

夏目雄大のツイッター炎上は
確かにツイッターでの発言を見れば
炎上してもやむを得ないという印象。

とはいえ2013年の発言が
2018年に炎上というのも凄い。

2018年9月に夏目雄大が
出演予定のあんさんぶるスターズの
舞台があるので
それによっぽど出演してほしく
なかったのでしょうか。

過去のツイートが事実であるのなら
謝罪をしたほうが
良さそうではありますが…。

現在の所夏目雄大から
ツイッター炎上について
否定や謝罪は見受けられません。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください