西田敏行が訴え。コロナで俳優の危機に立ち上がる

芸能

新型コロナウイルスに関して西田敏行が訴え。各地で様々な催しについて中止が相次いでいますが芸能界は比較的収入が安定しづらい立場。そのために俳優の危機に西田敏行が立ち上がったという形になります。

今回は西田敏行が新型コロナウイルスによる俳優の危機に立ち上がったこと、どのような訴えをしているかについてみてみましょう。

西田敏行が訴え

出典:松﨑巖夫インスタグラム

西田敏行の訴えは2020年3月5日に内閣府と厚生労働省へ向けて要望書という形で提出されました。西田敏行は協同組合日本俳優連合(日俳連)の理事長という立場。そして以下のような文章で要望書を提出したことを日俳連の公式サイトにて報告。西田敏行の訴えは以下のとおりです。

令和2年3月5日

新型コロナウィルス感染防止措置に伴う公演などの中止に伴う声明 及び働き手支援についての緊急要請

内閣総理大臣 安倍晋三殿 
内閣官房長官 菅 義偉殿
厚生労働大臣 加藤勝信殿

東京都新宿区西新宿6-12-30芸能花伝舎3階
協同組合日本俳優連合
理事長 西田敏行

 新型コロナウイルス感染症対策での日ごろのご尽力に敬意を表します。
私たちは今般の政府のご意向に添い、不特定多数の人々が集まるイベントなどの開催自粛を受けて、俳優は、映画・演劇・イベントなどの主催者の指示に従い、中止(キャンセル)を受け入れております。

しかし出演者へのキャンセル料等の話し合いには到底至らないケースが多く、生活に困窮する事態が見えています。

加えて俳優のほとんどは個人事業主、雇用類似就労者であるため、「学校の臨時休校に伴う雇用調整助成制度の拡充補完対策」及び「事業者を対象とする資金繰り支援の貸付」の対象になりません。私たちにとっては仕事と収入の双方が失われ、生きる危機に瀕する事態です。

どうか雇用・非雇用の別のないご対応で、文化と芸能界を支える俳優へご配慮下さいますよう要望いたします。

出典:日俳連公式サイト

西田敏行は過去にも訴えを起こしていた

西田敏行が芸能界や俳優の危機のために動いたのは今回が初めてというわけではありません。実はおよそ20年前、1999年10月にも「大船撮影所」の閉鎖及び売却に反対をして反対運動に直筆でメッセージを送っています。

大船撮影所は「男はつらいよ」シリーズの撮影も行われており、売却騒動が起こったのは「釣りバカ日誌11」撮影中。その時に西田敏行が反対運動に応援メッセージを送ったことをきっかけに多くの俳優などからメッセージ、そして半年で5万人以上の署名が。とはいえ結果的に西田敏行の奮闘もあったものの2000年6月に大船撮影所は閉鎖。

FIA国際俳優連合なども声明発表

日俳連を代表して西田敏行が訴えを起こしましたが日本だけではなく、FIA国際俳優連合及びFIM国際音楽家連盟も新型コロナに関して日本の芸能実演家を破壊しかねない影響があるとして訴えを起こしています。FIA国際俳優連合などの主な訴えについては以下の通り。

  • 日本の芸能実演家は、選択の自由のない個人事業主
  • 専門性のある技術を備えるために、自ら莫大な自己資金を投じている。
  • しがらみのある、無期限の雇用契約をさせるために、法的に労働者性を不当に否定され、社会的な権利の保護が狭められている。
  • 実演家はいま既に仕事と収入をなくし、収支が合わない状況に陥り、基盤が崩れている。
  • 日本政府が発表した救済措置は、現時点でいずれもフリーランスの実演家には適用しないと伝えられています。
  • 芸術的な仕事によって、その能力にふさわしい、公正な収入を得た芸能実演家は、あらゆる方法の緊急対策によって、保護されるに値します。

そもそも西田敏行らが訴えた経緯は

西田敏行ら日俳連は現在は俳優の危機であるとみなしています。その理由については2日本政府の対応について。西田敏行などが訴えたのはこの政府の対応に異を唱えるものであり、主な経緯は以下の通りとなっています。

  • 2月20日:政府は「感染拡大の防止でイベント開催の必要性の検討」を提言
  • 2月26日:政府は「大規模なスポーツや文化イベントを2週間、中止延期、または規模の縮小」を要請。
  • 3月5日:西田敏行ら日俳連が俳優の危機を訴える。
  • 3月10日:政府は「今後おおむね10日程度は現状通りの取り組み継続」
  • 3月12日:厚生労働省記者クラブでMICフリーランス連絡会や俳優が「新型コロナ感染症に係るフリーランス支援」についての記者会見開催。
3月12日に行われた記者会見では主に以下のような団体が現状についての訴えを起こしています。また、会見に出席した日俳連の人物は理事長の西田敏行ではなく理事の池水通洋、国際事業部長の森崎めぐみの2名です。
  • MICフリーランス連絡会(日本音楽家ユニオン・出版ネッツ)
  • 落語芸術協会
  • 日本ベリーダンス連盟
  • 日本俳優連合(日俳連)

この時に日俳連は新型コロナによる出演キャンセルの事例について腹話術師・しろたにまもるの2月27日から3月15日まで、およそ14日間の出演キャンセルを具体的に出しています。

クラシック音楽業界も損害補償を要望

前述のように西田敏行が日俳連の理事長として俳優の危機を訴えていますが俳優だけが現状の危機を訴えているわけではありません。

2020年3月16日はクラシック音楽業界もコロナウイルスの感染拡大でコンサートの中止が相次いだことに対して訴え。収入を断たれて危機的状況にあるとしてクラシック音楽の業界団体が損害に対する補償などの救済策を講じて欲しいと要望書を提出。

日本クラシック音楽事業協会によると2月26日に大規模なイベントの自粛要請があってからおよそ2習慣でコンサートの中止はおよそ523公演。損害は推定で24億円にのぼるとのこと。元々クラシック音楽事業者は小規模な企業が多いので経営面での被害が甚大。

のみならず演奏家も収入が断たれてかつてない危機に…。そのために日本クラシック音楽事業協会は文部科学大臣及び経済産業大臣にあてて損害の補償や無利子での融資などの救済策を講じてほしいと要望書を提出。

今回のコロナウイルスでのイベントの中止などは確かに芸能関係にとっては大きな痛手。世間が自粛ムードに陥ると経済が停滞します。しかし大きなイベントを野放しにすると感染拡大の恐れもあるわけでバランスが難しい。

コンサートや大規模なイベントの自粛要請による補償はどこまでを認めるかで絶対に不満が出ますよね。俳優だけ特別扱いというのも違う気がしますし、直接訴えをした業界だけというのも違うきがしますし。

コメント

タイトルとURLをコピーしました