能見達也(本名:能見毅)がなくなっていた。ダイレンジャーなど出演の俳優

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ダイレンジャーやデカワンコに出演をしていた俳優の能見達也
兄のツイッターによりなくなっていた事が
2017年5月20日に発覚しました。

今回は能見達也についてと
なくなった理由を兄のツイッターなどから見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■能見達也について

名前:能見達也(のうみ たつや)
生年月日:1969年8月13日
出身:東京都

能見達也は1989年に
劇団東京ヴォードヴィルショーに入団をし
1989年にドラマでデビューをし

1993年には「五星戦隊ダイレンジャー」で
シシレンジャー天幻星/大五役として出演。
その後には東映特撮作品に出演をしてドラマへと
活躍の幅を広げていました。

また、2011年には多部未華子が初めて
連続ドラマを出演した作品である
ドラマ「デカワンコ」にも出演をしています。

2002年には劇団を退団し
2015年9月までは太田プロダクションに所属をしていました。


 

【スポンサーリンク】

 

■能見達也がなくなったのは兄の口から…

能見達也は所属事務所との契約が終了してからも
ツイッターで近況を報告していました。
しかし体調が思わしくなかったことをツイートしています。

そうして能見達也の最後のツイートは2017年4月12日。
どうやら体調が悪くお花見に行けなかったようです。

そうしてこのツイートに
能見達也の兄である能見孝一‏が
能見達也は5月18日の夜遅くに
47歳でなくなったことを語っています。

そして兄の他のツイートからすると
能見達也は自らの手でなくなったようです。
能見達也らの父もなくなってから3年であり

たった3年で家族を全て失うことになるとは
思っていなかったともツイートをしています。

能見達也の顔色はここ最近で
急激に悪くなっていましたし
病気を苦にして…ということなのでしょうか。

■おわりに

能見達也はまだ47歳であり、
事務所との契約が終了した後も
ヒーローのことについて考えてもいたようですし
もう一度特撮に出るのかとも思われていたのですが…。

しかし能見達也を失い、兄の能見孝一‏は
家族を全てなくしてしまったとのことで
かなり取り乱している様子が伺えます。

能見孝一は大丈夫なのかも心配なところです。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA