野沢直子には妹がいた。父の隠し子でタイ人ハーフで娘(真珠)のことも既知

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

女芸人として活躍をしていて
娘の真珠オークライヤーも格闘家として
活動をしている野沢直子

実は2015年に野沢直子は妹がいることを知り
2017年には妹と対面を果たしています。
今回はそんな野沢直子の父と、
その隠し子でタイ人とのハーフである妹について見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■野沢直子の父について

野沢直子の父の直哉さんはとても破天荒な人物。
日本中央競馬界に馬主登録をしている
クラブ法人、東京ホースレーシング創業者であり
失踪事件や4回の結婚をしています。

野沢直子のブログによると
朝鮮人参のスタミナドリンクの会社や
はぜの天ぷらを乗せた「はぜどん」を考え
その丼屋のフランチャイズ展開や印刷屋
健康食品などを開発しては失敗したよう。

しかし最終的に東京ホースレーシングを創業してからは
新宿に自社ビル、ボートそして100頭以上の馬を所有など大成功。
野沢直子の母親は野沢直子が
26歳の時になくなり、父親は再婚。
また、2015年に野沢直子の父親はなくなっています。

■野沢直子と父とボブ

野沢直子の父の人となりの一旦が垣間見られるエピソードが一つ。
野沢直子は元グリーンベレーの
ボブ・リンプ・オークライヤーと
1993年に結婚する前に父とボブ、野沢直子で
顔合わせをした時のエピソードです。

その時に野沢直子の父はボブに
娘を幸せにしてやれるのか、
アメリカで結婚して周りに頼る人がいない場合は
娘を助けてくれるのか、などの質問をしていました。

そんな真面目な質問を2,3時間続けた後に
大事な質問だとして
東洋人との行為が良いから
君はうちの娘を結婚したいのか、などと爆弾発言。

ボブはそれに対してただの行為と
愛情のある行為の違いは分かると答え、
父は満足そうに質問した後に

最後の質問だとして
「海と山はどちらが好きですか」などと
謎の質問をしたという。

どちらも好きで決められないとボブが答えたら
これが結婚を許すかの決め手になるから
どちらかに決めろと言い、

ボブはオーシャンと答えて
父親はボブとの結婚を許したという。
何がしたいのかよくわからない野沢直子の父親。

ちなみに父親の日本語の質問を
野沢直子が英訳し、ボブの回答を父に訳していたそうです。
 

【スポンサーリンク】

 

■野沢直子の妹

そんな野沢直子の父親ですが
1976年に日本に留学中のタイ人女性、ナパポンさんに出会い

妻に隠して交際をしていますが
1982年にナパポンさんが妊娠してタイに帰国。
そのときの子供が現在34歳のピッシーニーヤー・ノザワさん。
野沢直子とは20歳以上年の離れた妹ということになります。

2015年に野沢直子の父がなくなったときに
野沢直子の弟が遺品整理をしており
隠し子である妹がいることが発覚。

そのことを知った野沢直子は妹に会いたい気持ちはあるものの
嫌われているかもしれないと不安であったという。

そうして父がなくなってから2年、
気持ちの整理がついたのもあり2017年7月に
「中居正広の金スマスペシャル」の
番組担当者が一ヶ月かけて説得をし妹に会いにタイへ。

妹は父の面影があり、父の趣味の話題で盛り上がり
子どもの教育方針も「好きなことをさせる」と
同じようであって、一緒に育っていないのに
妹と血の繋がりを実感したという。

■おわりに

そんな野沢直子の妹、ピッシーニーヤー・ノザワさんは
野沢直子のブログも読んでおり
格闘家として活躍する野沢直子の娘、
真珠オークライヤーの事も知っていたという。

50歳を超えて妹がいると知ったら
相当混乱しますよねぇ…。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA