及川光博の子供時代は沢田研二に憧れて…。実家にはメイドが3人も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

及川光博は子供時代に
影響を受けたアーティストとして
沢田研二の名前をあげています。

また、子供時代は実家に
メイドが3人いたことを
明かしていたりとリアル王子様。

今回はそんな及川光博の
子供時代のリアル王子様なエピソードと
沢田研二が原点であるという
ことについてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■及川光博の子供時代

及川光博の実家の父親は
実業家でありコンビニや薬局など
多くの事業を経営している人物。

そのため子供時代の及川光博の実家には
メイドさんが3人いたことを語っています。

また、他にも及川光博の
子供時代のエピソードは
以下のようなものもあります。

■愛読書は「ベルサイユのばら」
■進学塾の全国模試では
1位になったことも。
■小学6年生のときに生徒会長。

■中学時代には演劇部にスカウトされ
主役に抜擢されファンクラブ結成。
■バレンタインデーには
チョコが毎年60個以上。

■中学生の頃から革靴。
スニーカーは一足も持っていない。

■実家ではメイドさんが3人。
理由は子供が3人なので
一人ひとりにメイドさんがいた。

■実家の父親はPTA会長。
昭和のスターに憧れていて
サングラスをかけ朝礼台に上がる。

 

【スポンサーリンク】

 

■及川光博は沢田研二に憧れていた

及川光博は子供時代に
影響を受けたアーティストとして
ジュリーこと沢田研二の
名前を上げています。

その理由は色気と斬新なところ。
毎回どんなことを
やってくれるんだろうという
期待感があったとのことで、

子供時代には近所の友人を集め
歌を歌ったりしたこともあると
ラジオ場組で紹介されています。

■及川光博のファンサービス

及川光博はファンサービスが
凄い事で知られています。
一つ例を挙げると
2017年9月に行われた
20周年記念イベント、
「ミッチーと行くAwara de Arawa!?」という

ミッチーファンクラブでは
毎年イベントをしていますが
このときは福井県芦原温泉の旅館で
お泊りイベントを開催。

この満足度は非常に高く、
ミッチーとの2ショット撮影も。

ちなみに以下のようなポーズを
お願いできるとのこと。

肩:ミッチーが肩を抱く
腕:ミッチーと腕を組む
なかよし:仲良さそうな雰囲気
ノータッチ:お互いノータッチ

 

【スポンサーリンク】

 

■沢田研二の公演中止で及川光博の名前が…

及川光博の原点とも言える
沢田研二が2018年10月17日に
突如として当日に公演中止を発表。

この対応については
様々な意見が出ていましたが
及川光博の対応が凄い出て話題に。

ちなみに及川光博は
他にも様々な神対応が話題に。

■客がキャパの1/3の時
全力で行った後に
「忘れないよ、この前のめりな会場!」

■2002年の400人しか集まらなかった
函館ワンマンショーの時に
ミッチーが客席に降りて
「だるまさんがころんだ」を
したことがある。

とはいえ及川光博の対応が
良すぎるのでそれと
比べるのは酷な感じも。

■おわりに

個人的にはアーティストの人は
強烈な個性を持っていたほうが
独特で魅力的な作品を
世に出せると思っているので
沢田研二の考えを否定する気はありません。

そういう考えで活躍する沢田研二と
それを理解するファンという
間柄だけで考えれば、外野からは
ちょっとよくわからない
関係性というのもあるでしょうし。

ただ、やはりそれでも
ファンが離れるラインはあるでしょうし
ファン以外からちょっとどうなのと
思われるというのは仕方ないのかなぁと。

自分も世間ではあまり
評判の良くないゲーム好きですけど
やったことない人が
想像や評判だけで悪く言うのを
聞いたり見たりしてしまうと
思わず反論したくなります。

でも完全否定できない部分も
中にはあるわけで、
そう思われるのも仕方ないところ
あるよなぁと。

追記

ちょっと言葉足らずだったので補足。

■基本的に好きなアーティストには
どんな行動でもプラス補正が掛かって、
多少の問題行動も
容認できるラインがある。
(それでももう無理となる行為も)

■世間的には悪いと思われる行為でも
自分が容認しているライン内のことだと
悪く言われるのはわかるけど
「外野に言われたくはない」
という気分になる。

■しかしここで
擁護したいがあまりに
「当日公演中止などの
行動自体が悪くない」
と言い出すと
おかしくなってしまう。

■世間一般的に考えると
「悪いことは悪いこと」
であるのは認めるべき。

■ファンとしてはそれを鑑みても
自分にはそれを補って
余りある魅力があるから擁護をする
という方向が良いと思われる。

■世間一般的に
影響力の有る人物が問題行動をして
それを全体が容認する
流れになるのが嫌であろうし、
外野が受け入れがたいのも理解できる。

こんな感じでしょうか。
まだ少し伝わらない気がしますが…。

追記おわり



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください