おかもとまりが引退。旦那のnaoの発達障害の傾向を明かしていたが

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ものまねタレントで
(株)minto.の代表でもある
おかもとまり

芸能界からは引退することを
自身のツイッターなどで
明らかにしました。

引退理由については
後日代理人から伝えるとのことですが…。

おかもとまりは旦那のnaoが
発達障害の傾向があると
2018年1月にブログで
明かしたばかり。

今回はおかもとまりの引退についてと
旦那のnaoが発達障害の
傾向にあるとブログで書いた経緯、
そしてその後についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■おかもとまりの引退

おかもとまりが引退を発表したのは
2018年3月4日の23:39頃に
ツイッター等で。

以下のツイートのように、
芸能人としては
引退をすることを発表しています。

ツイッターのアカウント名も
「おかもとまり」から
漢字表記の「岡本麻里」に変更。

理由は既に結婚をしているので
本名を出したくないため。

今後についてはプロフィールに
記述していますが
「生き方」をテーマにした作品を
3作つくるとのことです。

現在言える引退理由は
以下の通りであるとツイート。

おかもとまりは
1989年12月13日生まれなので
元々2018年12月までには
引退する予定であった
ということでしょうか。

2018年3月6日追記

おかもとまりは引退理由について
ブログで再度追記をしました。

そこでは長男と次男、
旦那の両親、
おかもとまりの両親とは円満な関係で

旦那のnaoに関しても
世界で一番優しい人だと
尊敬をしているとして
不仲説による引退を否定。

理由は現段階では
まだ何も言えないものの
完全にプライベートな理由と明記。
追記おわり
 

【スポンサーリンク】

 

■引退発表前のツイート

おかもとまりは
引退発表をする直前には
以下のようなツイートを
しています。

また、おかもとまりの旦那である
naoの元嫁、珠美の
遺品整理を全てした事、

そしてnaoと珠美の子供である
貫太朗をこの先も
大事にするといった
趣旨のツイートもしています。

こう見るとネガティブな理由で
引退なのかと不安ですが…。

■naoは発達障害の傾向と明かす

引退を発表したものの
理由は謎に包まれている
おかもとまりですが

2018年1月4日に、
旦那のnaoと喧嘩をしたこと、
その理由が昔から
旦那のnaoは軽い発達障害の
傾向があることを明かしていました。

naoにも文章を見せてから
ブログを書いていることを前提とし
隠すことでも悪いことでもなく、

行動をみていたらわかるために
軽い発達障害の傾向にあると
明かしたとしています。
 

【スポンサーリンク】

 

■naoが訂正

当初おかもとまりのブログでは
軽い発達障害であるとしていましたが

反響を受けてnaoが
2018年1月11日にブログを更新。

正確に言うと軽い発達障害ではなく
発達障害の傾向(性格)であると訂正。

自分自身が大変だと
感じたことはないとも
明かしていました。

ちなみにおかもとまりが
旦那のnaoにブログの文章を
見せていたにも関わらず

すぐに訂正しなかったのは
単純にマイペースな性格で
その時は気にして
いなかったからとのこと。

ちなみにnaoがブログに書いたのは
nao本人ではなくおかもとまりが
発達障害の傾向と明かすのは

いかがなものかと
否定的な意見もあったため、
正確な情報を伝えたいとした理由。

■おわりに

おかもとまりは
芸能界からは引退しますが
ツイッターなどは続けるとのこと。

そして新しいことを
始めることもツイッターにて
示唆しています。

詳しい引退理由について
明かされるのは
どのタイミングなのか。

また、おかもとまりの引退というと
有吉弘行とは仲が良くはなく、

有吉弘行がMCのラジオで
2016年7月におかもとまりが
太田プロを退社したことに言及し

まるで芸能界を引退したかのように
語ったことも。

ちなみに有吉弘行は
その後おかもとまりに偶然会い、
引退ではなく移籍だということを
本人の口から聞いたことを
再びラジオで明かしています。

2018年2月19日に
おかもとまりは有吉ゼミで
有吉弘行と共演していますし

さすがに引退理由が
有吉弘行との不仲というのは
無さそうですが…。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください