翁長雄志知事がすい臓がんステージ2を公表。4月には入院をしていた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

過去に胃がんの手術をした
沖縄県の翁長雄志知事

2018年4月には入院をしていましたが
2018年5月現在、すい臓がんで
ステージ2であることを公表しました。

今回は翁長雄志知事の
過去の胃がんや現在の
すい臓がんステージ2の発覚の
経緯などについてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■翁長雄志知事の病気

翁長雄志知事は
那覇市長時代の2006年3月に
初期の胃がんが見つかりました。
2006年4月13日には胃の全摘手術を受け、
一ヶ月で10キロほど体重が減少。

がんで痩せてしまったものの、
術後の経過は順調であり、
がんの転移も見られなかったことから
2006年5月20日には公務復帰。

■2018年4月に入院

胃がんで全摘手術を受け、
それ以降はがんの影はなかった
翁長雄志知事。

しかし翁長雄志知事は
2018年4月5日に人間ドックを受け
そのまま検査入院をしていることが
2018年4月6日に発覚。

2018年4月7日まで入院をしており
2018年4月10日には
病院で記者会見をし、
すい臓に腫瘍が見つかったことを発表。

2018年4月中に手術を
受けるとしたものの
腫瘍が良性か悪性かは判断できず、
公務を取りやめていました。

こちらが2018年4月10日の
病院での会見の動画となります。

この時に翁長雄志知事は
膵体尾部を切除する手術を
2018年4月中に行うとしていました。
 

【スポンサーリンク】

 

■再入院しすい臓がんステージ2と確定

そして翁長雄志知事は
2018年4月22日に、
2018年4月21日までに
再入院をしたことが報じられます。

2018年4月21日には
すい臓の腫瘍が
良性なのか悪性なのかを
確定するための手術を行い
2018年5月15日に病院にて再び記者会見。

このときの会見で
翁長雄志知事はすい臓がんの
ステージ2であることを公表。

がんの転移については
リンパ節の転移に一つ
確認されたものの
切除をしたとのこと。

2018年秋に行われる
沖縄県知事の二期目の出馬については
出馬か不出馬については
明確には答えず。
 

【スポンサーリンク】

 

■おわりに

翁長雄志知事は現在の所、
沖縄県知事の二期目の出馬については
出馬するかどうかは不明。

過去にも初期の胃がんで
全摘手術を行い、
今回もすい臓がんステージ2が
発覚しているので
健康状態が不安視されますが…。

2018年4月10日の記者会見時には
翁長雄志知事の担当医は
根治を目指してた治療が
出来るとの考えを示していました。

しかしこうみると翁長雄志知事は
すい臓がんのせいかかなり痩せて
しまっているように見えます。

出馬をするにしても
無理をセずに今回は見送り、
しっかりと身体を治してからのほうが
良いような気はします。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください