大竹しのぶの母エステルさんがなくなっていた。20kg台と雑誌にて…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

大竹しのぶの母である
エステルさんが
なくなっていた事が明らかに。

大竹しのぶは母親である
エステルさんを介護していたことを
明かしていました。

2018年9月6日発売の
女性セブンでは
大竹しのぶの母親、
エステルさんの体重が20kg台に
なったことが明かされたばかり。

今回は大竹しのぶの母親、
エステルさんの介護と
なくなっていたことについて
みてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■大竹しのぶの母、エステルさん

大竹しのぶの母エステル
(江すてる)さんの
名前の由来は聖書に
登場するエステル姫。

大竹しのぶの母、エステルさんの
父親の吉川一水は無教会派の宗教家。
母親の八重さんは明治時代に
アメリカに渡った行動的な女性。

エステルという名前は
大竹しのぶの祖父が宗教家で
あったためで、日本人。

ちなみに明石家さんまは
大竹しのぶとの子供の名前を
IMALUと名付けようとした時に
エステルさんが反対をした事を

2016年11月22日の
「踊る!さんま御殿!!」にて
明かしています。
 

【スポンサーリンク】

 

■大竹しのぶは介護生活をしていた

大竹しのぶは2015年1月19日に
「徹子の部屋」に出演。
その時に母親のエステルさんが
2014年春に自宅で転倒をし
肩の骨を骨折したこと、

怪我は回復したものの
骨折を機に体調が悪化し、
老年期うつ病と
診断されたことを明かしています。

そのため大竹しのぶは
きょうだいと共に
自宅で順番に介護をするように。

■エステルさんがなくなっていた

そんな大竹しのぶの母、
エステルさんが2018年9月1日に
なくなっていたことを
2018年9月7日に
大竹しのぶの所属事務所が発表。

2018年6月から食欲が落ち
8月には飲み込むことも
難しくなったことを
明かしました。
 

【スポンサーリンク】

 

■2018年9月6日発売の女性セブンで…

大竹しのぶの母親、
エステルさんがなくなったことを
発表する前日の2018年9月6日には
女性セブンが発売されていますが

女性セブンでは大竹しのぶの母親、
エステルさんの体重が
20kgであることが
明かされていました。

介護をしている間も週に2-3度は
デイケアに通っていましたが

前述のように固形物が
飲み込むのも難しくなり
外出する体力も落ちてしまい
休みがちになってしまった事も
明かされています。

詳細は下記リンク先の
2018年9月7日7時公開の
NEWSポストセブンにて
書かれています。

参考:NEWSポストセブン

■おわりに

大竹しのぶは徹子の部屋に
度々出演をしており、
2018年8月27日にも出演。

前述のように2015年1月、
更には2016年1月、
2017年3月などにも
徹子の部屋に大竹しのぶは出演。

その時は徹子の部屋にて
大竹しのぶの母親の話題が
出ていましたが
最新の出演回である
2018年8月27日の徹子の部屋では

大竹しのぶの母親、
エステルさんの話題は
このときは出ていませんでした。

2018年8月の台風の日に
救急搬送されて
病院に運ばれたということを
2018年8月24日のエッセイで
語っているためさすがに
話題には出せなかったのでしょうか。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください