鳳恵弥が鈴木砂羽の舞台降板。土下座強要人道にもとる行為を受けたと主張

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2002年準ミス・インターナショナルで
現在は女優として活動をしている鳳恵弥

2017年9月13日から女優、鈴木砂羽が
主演、そして初めて演出を手がける
舞台「結婚の条件」に

出演をする予定であったものの、
鈴木砂羽から鳳恵弥と
同じ事務所の牧野美千子が

土下座強要など
人道にもとる行為を受けたとして
舞台を前日に降板しました。

今回は鳳恵弥についてと
鈴木砂羽の舞台から前日降板をした理由の
土下座などの人道にもとる行為の
経緯などについてみてみましょう


 

【スポンサーリンク】

 

■鳳恵弥について

名前:鳳恵弥(おおとり えみ)
生年月日:1981年1月4日
出身:東京都

鳳恵弥は2002年に
準ミス・インターナショナルに。
モデルや舞台、CMを経て

2004年につかこうへい劇団に
13期生として入団し
本格的に女優活動を開始しています。

以降は女優業以外にも舞台、
イベントのプロデュースや
インストラクター業務、執筆活動に加え

そして準ミスインターナショナルの
経験を活かし「ミスインターナショナルで
学んだ日本の誇り」という
講演も行うなど活動は多岐にわたります。

■鳳恵弥が出演予定だった舞台「結婚の条件」

鳳恵弥が出演予定の舞台「結婚の条件」は
脚本家の江頭美智留が主宰の
「劇団クロックガールズ」が上演するもの。

結婚するには免許が必要な、
近未来のニッポンが舞台の社会派コメディ。

2017年版は女優の鈴木砂羽が主演で有り、
そして演出を初めて挑むものとして
注目を集めていました。
出演予定は2017年9月13日から18日まで。
 

【スポンサーリンク】

 

■鳳恵弥が土下座強要など人道にもとる行為を受けたと主張

そんな「結婚の条件」に出演予定だった
鳳恵弥と同じ事務所の牧野美千子ですが
2017年9月12日という
初日直前に舞台を降板。

その理由は鳳恵弥らの所属事務所が
「演出の鈴木砂羽から
人道にもとる行為を受けたため」と主張。
鳳恵弥もブログで
以下のような行為を受けたと語っています。

一回目の通し稽古が終わったら
鳳恵弥らは床に座ってダメ出しを受け、
「二回通し稽古したかったのに
誰かのせいで出来ない」

演出助手が「みんなも2回
やりたかったよね?」と問いかけ
名指しにされて罵倒をされ、
土下座を強要された。

そして他の共演者にも鈴木砂羽から
土下座をするように強要された。

鈴木砂羽のマネージャーは
流石にまずいと止めたものの
事務所に報告が入り
降板も視野に入れた話し合いへ。

しかし鳳恵弥らは
江頭美智留が望む形にしようとして
一度は舞台続投の意思を持ったものの
鈴木砂羽が既に代役を頼んでいた。

江頭美智留が鈴木砂羽にそ
のことについて抗議すると
「代役でやるとかやらないとか、
公演を中止にする権利はあんたにはない」
と言われたとのこと。

また、日刊ゲンダイによると
土下座強要のきっかけは
2017年9月9日午後に行われた舞台稽古。

鳳恵弥と牧野美千子は他の仕事のため
稽古を早上がりしなければいけず、
事前に伝えていたが鈴木砂羽は
それが気に入らなかったとのこと。

他にもプロデューサーで
脚本家である江頭美智留に
頭を下げさせていた事についても
疑問があったようです。

江頭美智留は鳳恵弥と牧野美千子が
土下座をした事実は無いと否定をしたものの
鳳恵弥、牧野美千子、鈴木砂羽の三名に
不愉快な思いをさせて申し訳ないと
日刊ゲンダイの取材に答えています。

■おわりに

現在の所は鳳恵弥、牧野美千子と
その事務所サイドからの
話しか聞いていないため
鈴木砂羽のコメントが無いと
なんとも言えない状態。

ちなみに鈴木砂羽は
舞台「結婚の条件」のインタビューで
主演と演出の同時進行にな
ったことを聞かれた時に
以下のように答えています。

「私は実際偉そうなんです(笑)」
「意外と演出家に
向いているかもしれない」

「言わないと進まないので、
今は演出家として
この芝居を良くするためだけを
考えている」

2017年9月13日には舞台の初日があるので
そのときには声明を出すとは
思いますが果たして…

2017年9月12日20:40追記

劇団を主宰する江頭美智留は
自らのスケジュール確認のミスで
稽古場で謝罪をしたのは事実であるものの、
鈴木砂羽から強要されたものではないとし、

鳳恵弥が稽古場の床に座ったまま
頭を下げたのは事実であるものの
鈴木砂羽から土下座を
強要されてはいないと否定。

また、江頭美智留のマネージメント担当者は
鈴木砂羽が独断で代役を立てたことと
それに江頭美智留が
抗議したことは事実ではないとし
江頭美智留は鳳恵弥の主張に
困惑をしているとの事です。

また、舞台は降板した鳳恵弥、
牧野美千子の代役を立てて
予定通り行うとの発表。

2017年9月13日12:00追記

鳳恵弥の所属事務所がフェイスブックで
鳳恵弥らの降板の経緯を説明。
事務所によると以下の通り。

二日前に降板を申し出たのは誤報。
2017年9月9日に
江頭美智留が依頼し出演継続。

しかし鈴木砂羽が代役を
独自に探していたので江頭美智留が
「皆さんが揃わない場合は
本意ではないため
公演中止にするつもりです」
と丁寧に告げられる。

2017年9月10日に
「やはり中止に出来ないので
戻って欲しい」と言われ
要望を受けて承諾をする。

2017年9月11日に
ホリプロから謝罪があるので
時間をいただきたいと
江頭美智留から伝えられる。

しかし2017年9月11日の夜には
江頭美智留が
「ホリプロは謝罪しないことになった」と報告。
「みなさんが揃わないと公演はしない」
として出演依頼を再々度受け承諾。

2017年9月12日に
「代役での公演をしなければ
ならなくなりました」と告げられ
これが最終結論となった。

この経緯が本当だとすると
江頭美智留は胃に穴が空いてそうな立場。
しかし舞台初日で忙しいでしょうけど
やはり鈴木砂羽サイドから
コメントがないとなんとも言えない。

最初は土下座強要などが
クローズアップされて
その点に関しては
江頭美智留は否定していましたが

この経緯が真実なら
鳳恵弥と牧野美千子は
ものすごい振り回されてますよねぇ…。

2017年9月13日23:20追記

鈴木砂羽が初日公演終演後に取材陣に対応。
土下座の強要、代役を勝手に
立てたということは無いと完全否定。

江頭美智留も虚言であると断言し、
今後鈴木砂羽への非難が続く場合は
法的措置を取ることも
検討しているとのこと。

追記終わり

 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA