松波利佳は現在幼児ルームマンママーノで副業で年収1000万円!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

1990年代に
人気リポーターであった松波利佳
実は現在は幼児ルーム
「マンママーノ」で副業をして
年収1000万円であるという。

今回はそんな松波利佳の
現在についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 


■松波利佳について

名前:松波利佳(まつなみ りか)
本名:三坂利佳(みさか りか)
生年月日:1965年1月21日
出身:愛知県

松波利佳は大学在学中に
キャスター、レポーターとして活動。
「スーパーモーニング」や
「ワイドスクランブル」、
「やじうまワイド」など
多くの番組に出演をしていました。

1994年には会社員の
三坂伸也さんと結婚。
それ以降はテレビの第一線からは
退いています。

現在は三木プロダクションに所属し
中小企業に講演活動などを
行ってもいます。

また、松波利佳は以下の動画のように
ショップチャンネルなども
定期的に行っています。

こう動画で聞くと松波利佳の声は
かなり通る声で聞き取りやすい。

■保育所設立のきっかけ

松波利佳は2000年には託児所である
幼児ルーム「マンママーノ」を設立。
その理由は娘が待機児童であったため。

娘を入れるために作ったのが
西麻布の保育所、
幼児ルームマンママーノ。

託児所は書類に必要事項を記入して
役所に提出するだけでよく、
資格はいらないので
簡単に作ることが出来たという。
 

【スポンサーリンク】

 


■松波利佳の託児所の特色

当初は伸び悩んでいたものの
需要が凄くあり、母親から
やってほしいことを全てやるのが
松波利佳のモットー。

例えば送迎サービスの始まりは
ある母親から迎えに
来て欲しいと言われたこと。

快諾した後で誰がやるか、
いくらでやるかを決めたという。

リスクがあってもまずやってみて
ダメだったら撤退。
ちなみに落ち込むことは
無くはないとのこと。

他にも保護者会の代理出席サービスなど
多くの母親のリクエストに
応じていたりと進化しています。

■おわりに

そんな松波利佳は
2017年11月にはテレビ東京
「リトルトーキョーライフ」に出演。

バブルを謳歌した人として出演し
「一度あげた生活は下げられない」
などと語ってもいたり。

ちなみに番組に間に合わせるために
タクシー代10万を
使ったこともあるなど豪気な話も。
 

【スポンサーリンク】

 






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA