六角精児の離婚回数は3回と凄い。現在結婚した嫁は2回目の相棒!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

相棒の鑑識課員、米沢役としても
有名な俳優の六角精児

現在は4回めの結婚をしており、
つまりは離婚回数が3回と
なかなかに珍しい人物であります。

しかも現在の、4回めの結婚した嫁は
2回目の嫁であり、再婚という形に。
今回はそんな六角精児の今までの結婚と
3回という離婚回数の理由、
現在の嫁についてもみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■六角精児の結婚歴と離婚回数

六角精児の離婚回数は
前述の通り3回。
こう見るとなかなかに
波乱万丈な人生となっています。

六角精児の結婚歴は
簡単に表すと以下の通り。
離婚回数は3回となっています。

1991年頃:劇団の研究員の嫁と結婚。
1993年頃:離婚
1997年頃:当時劇団の
研究生であった嫁と結婚。
2001年:2回目の離婚。

2003年:20歳年下の
専門学校生の嫁と
子供が出来て結婚。

2005年:子供と一緒に嫁が
実家に帰って戻ってこずに
3回めとなる離婚。

2011年:2回目に
結婚した嫁と再び結婚。

こう見ると六角精児の
結婚歴、離婚回数3というのは
なかなかに凄い。
 

【スポンサーリンク】

 

■1度目の結婚時には実は…

また、六角精児の
離婚回数3回となると
気になるのが離婚理由。

2018年1月11日放送の
「ダウンタウンDX」にて
六角精児は1度目の結婚中に
おこったことについて明かしています。

実は最初の結婚時、
六角精児は嫁以外の女性と
手をつないで歩いていたことが。

すると目の前には六角精児の
当時の嫁の父親が歩いてきたという
驚くべき出来事が。

ここで手を離すと逆にまずいと
六角精児は思って
手をつないだまますれ違うことに。

六角精児の嫁の父親は
六角精児の顔をじっと見ていたので
人違いだと思ってくれる可能性は
無いと思っていたよう。

ちなみに六角精児の嫁の父親は
どうやらそのことを
嫁に言わなかったようで、
実は直接の離婚理由ではないという。
 

【スポンサーリンク】

 

■離婚理由を明かしていた。

六角精児は2016年1月12日放送の
「チマタの噺」にて
3回の離婚回数を持つ人物として
離婚理由を明かしました。

その理由は賭け事にはまっていたため。
学生時代にそれが原因で
借金まみれとなってしまい
両親に肩代わりしてもらった過去も。

また、他にも六角精児はお金を
家に入れなかったり、

知り合った見知らぬおじさんを
家に連れてきて
泊めてしまうことなどを
明かしていました。

■六角精児の現在の嫁

六角精児の現在の嫁は、
前述のように2001年頃に
離婚をした2番目の嫁。

結婚した理由は、
六角精児がバーを
経営し始めた時であり
「結婚しないと店を続けない」
と言われたため。

しかし4年後に
「好きな人ができた」として
離婚をしたという経緯。

六角精児は現在の嫁との
最初の結婚時には
両親にあわせることもなく、
籍を入れていたという。

しかし現在の嫁と2回めの結婚時には
きちんと顔合わせをし
会食もした上で結婚。

また、今までは一度もプロポーズを
したことのなかった六角精児は
現在の嫁との2回めの結婚時に
自らプロポーズをしたという。

■おわりに

六角精児は2009年10月に
相棒のスピンオフ
「鑑識・米沢守の事件簿」の
イベントに出演をし、

3回の離婚回数があるために
プライベートの相棒について
以下のように答えています。

「7~8年飼ってる亀ですね」
「嫁さんは色々変わったんですが
亀だけは変わらない
パートナーだなぁと」

2回目の嫁と再び結婚をした六角精児。
回り道をしてしまいましたが
現在のプライベートの相棒は
名実ともに嫁ということに…!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください