ローラが事務所移籍・独立疑惑。伊デザイナーマッシモの存在も影響説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ローラがツイッターで胸の内を明かし、
事務所を独立、もしくは移籍するのではないかと
されている一連の騒動。

2017年7月18日発売の週刊女性によると
その裏にはローラが心酔する、
伊のデザイナー、マッシモ・ジョルジェッティの
影響があるのでは、とされています。

今回はローラの事務所独立、もしくは移籍騒動についてと
マッシモ・ジョルジェッティとの関係についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■ローラの事務所独立、移籍騒動

ローラが突然事務所を独立、
もしくは移籍するのではないかと囁かれたのは
以下の2つをローラがツイートしたため。

ローラがデビューしたのが
2007年なので、10年の信頼という点で
事務所社長と何らかのトラブルが
あったのではないか、と見られています。

そしてローラはつい最近発表された、
2017上半期タレントCM起用社数ランキングでは

1位が14社の広瀬すずで
2位は10社のローラ、綾瀬はるか、
上戸彩、高畑充希、吉田羊の5人と
活躍を物凄くしているのがわかります。

しかし2017年に入ってからは
レギュラー番組はほとんど無くなってしまっています。
今あるのはめざましテレビの
金曜の料理コーナーぐらいでしょうか。

そのために事務所から独立、移籍の
どちらかをするのではないかという見方が強いようです。
 

【スポンサーリンク】

 

■ローラと事務所の関係が悪化したとされる理由

ローラと事務所の関係が悪化しているというのは
なかなか可能性が高いのですが、
それには様々な説があります。

一説では同じ事務所所属の
ダレノガレ明美を猛プッシュしているため
ローラと待遇差が出来てしまったため
ローラが不満を持ったという説。

他の説は、ローラの事務所社長が
最近になって日本に移住し、
ローラのマネジメントに関与するようになったという説。

そしてもう一説が、ローラと
イタリアのデザイナー、マッシモ・ジョルジェッティとの
関係が親密であり、彼の意見を聞いて
なにもかもを決めるから、という説。

■ローラとマッシモ・ジョルジェッティ

マッシモ・ジョルジェッティは
イタリアのリミニ出身。
両親が縫製会社を経営しており
ファッションの世界へと足を踏み入れ、

2009年にはブランド「MSGM」を立ち上げ、
一流ブランドのエミリオプッチの
クリエーティブディレクターを
2015年4月から2017年4月の二年間務めたほど。

そんなマッシモ・ジョルジェッティと
ローラの出会いは、インスタ。
ローラがMSGMを着ているのを見かけ、
日本のスタッフに尋ねたことでコミュニケーションが開始。

普段がプレゼントや手紙のやり取りをしており、
一緒にディナーをしてツーショット画像を公開したことも。

ROLAさん(@rolaofficial)がシェアした投稿

そのような事が起きて
ローラは私服をMSGMしか
着ていないのでは、というレベルに心酔。

雑誌で着る服や撮影地も
事務所がOKを出してもローラがマッシモに相談するとして
予定が変更することもあり、
事務所がローラをコントロールできなくなっているという話も。

参考:週刊女性
 

【スポンサーリンク】

 

■おわりに

10年の信頼を返してほしいと思える裏切りというのが
ローラがマッシモに心酔したため、
事務所がコントロールできなくなっている、というのとは
少々違う気がするのは気になる所。

確かにローラは急激にテレビで
見なくなった気はしましたが
それは単にバイオハザードの映画に出るため
忙しかったからだと思っていたのですけれども。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA