横浜流星はピンク髪が似合う!はじこいで5日に1回染色

横浜流星がハゲ覚悟のピンク髪について
現在も残る影響を告白しました。

横浜流星のハゲ覚悟のピンク髪は
2019年1月のドラマ
「初めて恋をした日に読む話」
通称「はじこい」での役作りのため。

今回はそんな横浜流星の
ハゲ覚悟のピンク髪の
とても似合う様子について
みてみましょう。


 

 

■横浜流星はハゲ覚悟のピンク髪が似合う

横浜流星がハゲ覚悟の
ピンク髪をインスタで披露したのは
ドラマの放送前である2018年11月15日。

およそ5ヶ月間ピンク髪。
その時期はハゲ覚悟をしていたと
2019年9月15日、2020年カレンダーの
発売記念イベントでのこと。

横浜流星は現在もハゲ覚悟の
ピンク髪について影響が残っており、
まだ影響があり髪が
切れてしまったりしていることを
明らかにしています。
似合うピンク髪にそんな代償が。

ちなみに横浜流星は
2019年9月16日で23歳になります。
その前日にまさか似合うピンク髪は
ハゲ覚悟であったと明かされるとは…。
 

 

■横浜流星のピンク髪の維持

横浜流星はハゲ覚悟のピンク髪について
「はじこい」の番宣の際に
どのように維持をしているか
明かしています。

横浜流星は実際に年末年始には
ハゲ覚悟のピンク髪で番宣に出演。

ウィッグという選択肢もあったものの、
物語の設定上、ピンクに染めているというのは
重要な部分であると思ったために
地毛をピンクに染色するという選択肢を
選んだと語っています。

その結果ピンク髪という
現実の日本ではあまりいない髪色なのに
似合うという絶妙な色に。

そんな横浜流星のハゲ覚悟の
似合うピンク髪は前述のように
2018年11月中旬に
クランクインしてからおよそ5ヶ月間そのまま。

2019年1月、2ヶ月経過した時点でも
5日に1回の頻度でピンク髪に染色。
その際に髪の毛がどんどん
変化しているのを横浜流星は実感。

元はサラサラであったものの
ダメージを受けていて
撮影までにハゲないか
心配であったとのことで、
「頑張れ、俺の毛根」などとコメント。
 

 

■おわりに

アニメや漫画の実写はキャラクターを
分かりやすくするために
デフォルメとして
様々な髪の色のキャラが
登場するのはありがち。

全員日本人という設定で
髪の毛がとてもカラフルなのは
ほんとよくあります。

それでも色が似合うというのは
実際のところめったにありませんが。

とはいえ実写化するときに
その原作通りの髪の色にして
不自然になるのも多いのですが、
横浜流星のハゲ覚悟の
ピンク髪はかなり自然。

さすがリアルで自然なピンク色を出すために
何度も試行錯誤をしただけのことはある…!

個人的には漫画やアニメの実写化で
髪の色が重要な要素でない限りは
自然な色であるならなんでも良いとは思います。

この「はじこい」では
もともと優秀であったものの
ぐれてしまった少年、
という役割なのでピンク髪というのは
重要な要素なので外すわけには
いかなかったようですけれども。

そうでなければ無理に原作の髪色に
寄せる必要は特にないんじゃないかなぁと。
実写版かぐや様の藤原初期、お前のことやぞ。



コメント

タイトルとURLをコピーしました