才木浩子はバツ7で離婚の巨匠。子供6人いて父親は5人!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

バツ7の女社長であり
現在はいくつもの
会社を管理している才木浩子
子供は6人いて全員父親は別人で、
全ての子供を才木浩子が育てています。

今回はそんなバツ7で
自ら離婚の巨匠と自称する
才木浩子についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 


■才木浩子について

View this post on Instagram

#ポップグルメポップコーン

A post shared by Hiroko Saiki (@ageha.cn) on

名前:才木浩子(さいき ひろこ)
年齢:55歳(2017年10月前後時点)

才木浩子が企業をしたのは19歳。
元々中学時代にアメリカで
暮らしていた経験があったために
日本になかった事業を手がけ、

M&Aで譲渡して
次の事業へと挑む
という事を繰り返します。

主な事業は不登校の子供等のための塾、
ベビーシッター派遣、
リサイクルブティックの経営など。

2000年にはふれあい
総研株式会社を立ち上げ。

日本から中国へのビジネス進出の
コンサルティングを行っており
例を挙げると若い起業家向けの
起業を簡単にできる
パッケージなどを展開。

才木浩子によると中国でのビジネスは
実力より人脈がものを言うため
実績のある才木浩子の会社なら
人脈を活かせるとのこと。

才木浩子はなんでも最初が好きで
安定したものには
魅力を感じないという。

新しいものに挑戦すれば競合も少なく
人脈も新たに生まれるため
最初になるのが好きだと語っています。
 

【スポンサーリンク】

 


■才木浩子はバツ7で離婚の巨匠

そんな才木浩子なので結婚についても
同じような考えなのか2017年現在バツ7。
自らを離婚の巨匠と言うほど。

才木浩子は1983年に最初に結婚。
しかし最初の旦那は
別の女性を妊娠させて離婚。

その後に妊娠が発覚して
最初の子供を出産。

1985年に2人目の旦那と出会い、
数カ月後にお互いバツイチ同士で
結婚して二人目の子供を出産しますが
1989年に離婚。

1991年に3回目の結婚をするも
旦那の家族と関係が悪くなり離婚。

2000年には国家公務員の
旦那Aさんと6回目の結婚。
6人目の子供が生まれるも
2004年には喧嘩が多かったため離婚。

2011年にはAさんと再び結婚しますが
2012年には7度目の離婚。

4,5回目の離婚は詳細不明。
6,7回目の結婚は旦那が同一人物であり
父親は5人とのことなので、
4、5人目の旦那とも
それぞれ子供が一人いるよう。
また、2017年12月現在バツ7で独身

離婚理由については
「家庭的じゃなかったからだと思います」
と語っていますが目標は8回目の結婚。

ちなみに今までの出会いは
全てお見合いで今までで
合計500回以上お見合いを
してきたという。

■おわりに

才木浩子は会社のインタビューで
「完成して安定したものには
魅力を感じない」

と仕事のことについて語っているので
プライベートでもそういった考えで
結婚という安定した状態になると
そこでもう満足してしまうのかもしれません。

とはいえそのような性格だからこそ
日本と中国に5つの会社を持ち
年商32億にまで上り詰めることが
出来たとも言えるのでしょうけれど。
 

【スポンサーリンク】

 






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください