齋藤飛鳥の顔の大きさは18cmでハーフ。マスク画像で小ささが際立つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

乃木坂46結成時の
最少年メンバーの齋藤飛鳥

日本とミャンマーのハーフであり
顔の大きさは18cm。
アイドル界では最小とも言われる
顔の大きさはなんと18cm。

齋藤飛鳥のマスク画像などでは
顔の大きさがわかりますが
確かにかなり小さい。

今回はそんな齋藤飛鳥の
顔の大きさが18cmであることと
マスク画像について
みてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■齋藤飛鳥について

名前:齋藤飛鳥(さいとう あすか)
生年月日:1998年8月10日
出身:東京都

齋藤飛鳥は日本人の父と
ミャンマー人の母とのハーフ。
小学6年生の頃には
友人と先生との関係が上手く行かず
学校に行かないで引きこもるように。

そうして母親に勧められ
乃木坂46の一期生
オーディションを受け合格。

2012年2月22日の
乃木坂46の1stシングル
「ぐるぐるカーテン」でCDデビュー。

2012年8月22日の
乃木坂46の3rdシングル
「走れ!Bicycle」の

カップリング曲
「海流の島よ」で
初めてセンターへ。

2016年6月6日には15thシングル
「裸足でSummer」で
シングル表題曲センターへ。
 

【スポンサーリンク】

 

■齋藤飛鳥の顔の大きさは18cm

齋藤飛鳥の顔の大きさは縦18cm。
頭周りが50cmであることが
(少なくとも)2016年6月時点で
明かされています。

この時の顔の大きさが縦18cm、
身長158cmであるためにおよそ8.8頭身。
とはいえ顔の大きさや
身長については17歳当時での
公称サイズであるため
2018年現在は多少成長をしている可能性も。

■マスク画像で顔の大きさが…

齋藤飛鳥の顔の大きさが
よく分かる画像というとマスク画像。

それは齋藤飛鳥のファースト写真集、
「潮騒」のお渡し会をするために
サインをしている時の
マスク画像が有名。

マスクによって齋藤飛鳥の顔は
半分以上隠れてしまっているために
顔の大きさがどれだけ
小さいかがわかります。

ちなみに齋藤飛鳥には
アイマスク動画も。

齋藤飛鳥は乃木坂46の
21thシングル
「ジコチューで行こう!」で
再び単独センターに。

そのカップリング曲の
「地球が丸いなら」のMVで
齋藤飛鳥はアイマスクをつけています。
下記動画の1:20から1:30頃からが
齋藤飛鳥のアイマスクオンオフ姿。


 

【スポンサーリンク】

 

■おわりに

齋藤飛鳥の顔の大きさは
マスク画像を見ると本当に
とても小さいことがわかります。

齋藤飛鳥はミャンマーと
日本人のハーフですが
両親ともにミャンマー人の

森崎ウィンも2018年3月公開の
スティーブン・スピルバーグの映画
「レディプレイヤー1」で
主要キャストに任命。

2018年8月には森崎ウィンは
ミャンマー観光大使にも
任命されています。

そのつながりで齋藤飛鳥と
森崎ウィンのコラボも
正直少し見てみたい。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください